マーベル映画初となるアジア系ヒーロー『シャン・チー』単独映画、監督が決定

3月25日(月)12時21分 映画ランドNEWS

マーベル映画初となるアジア系のスーパーヒーローが主演の映画『シャン・チー/Shang-Chi(原題)』の監督に、日系アメリカ人のデスティン・ダニエル・クレットンが抜擢された。



クレットンは、ブリー・ラーソンが主演を務めた映画『ショート・ターム』や、6月14日(金)公開の映画『ガラスの城の約束』などを手がけたことで知られる日系3世の映画監督。現在はEqual Just Initiativeの創設者で人権弁護士のブライアン・スティーブンソンの原作を基にした『ジャスト・マーシー/Just Mercy(原題)』を制作中だという。


本作の主人公となるシャン・チーが初めてコミックスに登場したのは1973年。中国人の父と白人アメリカ人女性の間に中国で生まれ育つシャン・チーは、実の父親であり、悪の怪人フー・マンチューにマーシャルアーツを駆使する暗殺者として育てられるが、ある事件がきっかけとなり、父親の意向に反旗を翻し、ヒーローとして悪に挑むようになる。


マーベルは、本作の制作にあたり、アジア系のスタッフやキャストを集結させることで、興行的にも批評的にも高く評価された『ブラックパンサー』や『ワンダーウーマン』のようにより真実味のある映画を作ろうと模索しており、『ワンダーウーマン 1984/Wonder Woman 1984(原題)』を担当した中国系アメリカ人の脚本家デヴィッド・キャラハンが脚本を執筆する。


参考:https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/marvels-shang-chi-sets-director-destin-daniel-cretton-1194443


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「マーベル」をもっと詳しく

「マーベル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ