武内由紀子、特別養子縁組制度で男児授かり母に 家庭裁判所が受理し実子として入籍「ともに成長を」

3月25日(月)13時5分 オリコン

武内由紀子 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 大阪パフォーマンスドールのリーダーとして活躍し、1995年に今田耕司東野幸治と結成したWEST END×YUKIとして「SO.YA.NA」で話題となったタレント・武内由紀子(46)が25日、所属事務所を通じて、特別養子縁組制度により男児を授かったことを報告した。

 プロポーズ後から妊活を始めたという武内は、2013年3月の結婚後から17年7月まで不妊治療を続けてきた。しかし、不妊治療でも授からず、妊娠は諦めたが、子育てをすることは諦められず、17年8月に特別養子縁組の門をたたいた。その後、さまざまな研修を受け赤ちゃんを迎える準備をし、18年6月に子供を迎え、このほど、家庭裁判所への申し立てが受理され、実子として入籍に至った。

 武内は「2018年6月末に特別養子縁組制度で迎えた坊ちゃんですが、2019年2月末に家庭裁判所の申し立てが受理され、我が家の長男として入籍しました事をご報告させて頂きます」と伝え「6月22日に3088グラムで元気に産まれてきてくれ、生後4日目に出会ってからあっという間の9ヶ月。 本当にスクスク育ってくれています」と報告。

 「名前は『一徹(いってつ)』といいます」と紹介し「お迎えに行った時、実母さんにも挨拶させて頂きました。『ちゃんと挨拶が出来て、時間も守れる子に育って欲しいです!』と笑顔で話してくれた実母さん。 色んな事情があって、離れ離れにならないといけないのに、明るくお話してくれて、『お二人で良かった!!!』と、私達夫婦に息子を預ける事になった事を喜んで下さいました」と明かした。

 「実母さんのように、明るく強く、そして何より優しい子に育って欲しいと思います」と願い「これからどんどん大きくなって、自分の出自で悩む事も出てくると思います。出自以外でも色んな壁に悩む日が来ると思います。そんな時、一緒に考え悩み、解決していける家族になりたいです」と決意を新たにした。

 最後は「未熟な父、母ではありますが、息子の幸せを願い、ともに成長していければと思いますので、今度とも温かく見守って下さいますよう、よろしくお願い致します」と呼びかけている。

 武内は現在、『大阪ほんわかテレビ』(後7:00〜)の金曜レギュラー、『ビートップスでお買物』(月曜 前10:35〜/金曜 前10:55〜)の月曜レギュラー(ともに読売テレビ)を務めるほか、ルミネtheよしもとSPコメディに定期的に出演。また、フラダンスユニットLaule’a Lani としても精力的にイベント出演し、活躍をしている。

オリコン

「特別養子縁組」をもっと詳しく

「特別養子縁組」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ