後藤真希の不倫、“逢瀬に漂う生活臭”で大バッシング回避

3月25日(月)16時0分 NEWSポストセブン

矢口真里とは何が違った?(時事通信フォト)

写真を拡大

 かつてアイドルとして一世を風靡した元「モーニング娘。」のゴマキこと後藤真希(33)。3月14日発売の『週刊文春』で、彼女の“ドロ沼不倫”が報じられた。


 記事によれば、2児の母である彼女の不倫は、至って“生活臭”がするものだった。相手の男性とはオンラインゲームを通じて交流を深め、連絡手段はSNS。デートの舞台は「ららぽーと豊洲」というファミリー御用達のショッピングモールだった。


 後藤と不倫相手は平日の昼間に「ららぽーと」内のシネコンで映画を観た後、男性が宿泊するアパホテルに移動し、2度ほど肉体関係を結んだという。また不倫発覚の“証拠”のひとつは彼女が運転する自家用車のドライブレコーダーの記録だったとされる。


 芸能人の不倫密会といえば、会員制のラウンジや高級ホテルを舞台としたゴージャスなものが多い。しかし国民的アイドルだった彼女の不倫には「SNS」「平日の映画館」「ビジネスホテル」という、庶民的なキーワードが躍る。


 だからなのか、今回のスキャンダルに対して世の既婚女性たちからの反発はあまり聞かれない。自宅に芸能人の不倫相手を招き入れていた、同じ元「モー娘。」の矢口真里(36)の時の集中砲火と比べれば、その違いは歴然だ。主婦たちの中には、後藤にある種の“共感”を寄せる声すらあるようだ。都内在住の30代主婦はこんな言葉を口にした。


「ゴマキが不倫しちゃった気持ち、痛いほどわかります。私たちが時々感情のタガを外してしまうのは、ふと家事や子供の世話などの日常に疲れてしまったとき。何も不倫相手には特別さやリッチさなんて求めていないんです。本当に気を許せる相手なら、『普通』のシチュエーションのほうが一線を越えやすい」


 彼女の“禁断の逢瀬”は、「等身大の主婦」の“理想”を体現していたのだ。


※週刊ポスト2019年4月5日号

NEWSポストセブン

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ