今そこにある芸能界の闇営業(終)金に飢える底辺アイドルたちの乱れた世界

3月26日(火)5時58分 アサ芸プラス

 グラドルたちの職場は、“地下”を含めた、今や星の数ほど存在するアイドルグループに奪われたと言ってもいいだろう。ライブパフォーマンスが本職の彼女たちが見せる水着ショットなどは鮮烈で、ファンが飛びつくのも無理はない。

 極論すれば、アイドルグループメンバーたちが、グラドルたちを枕営業に追い込んだ面があるとも言えるわけだ。が、それでは、そのアイドルグループメンバーたちにそうした闇はないのか。

「売れているトップの数人以外は、正直、グラドルと大差ありませんね」

 こともなげにこう話すのは、かつて某グループに在籍したという現役の女性タレントである。

「先日は、某ドラッグストアチェーンの社長など、金持ちのオジさん10数人との合コンがあったと聞きました。社長のバッグには札束がいっぱい入っていて、とりあえず乾杯したら、それだけで全員に5万円ずつが配られたそうで大盛り上がり。そういう相手を見つけると、パパにしようと彼女たちの間で猛アピール合戦が繰り広げられます。本当に乱れていますよ」

 つまり、彼女たちも、お金がないのである。

「グラドルであれば夜の飲食店などでバイトもできますが、グループに属していると新曲の歌や振り付けを覚えなければならないし、公演もあるためバイトができない。だから、札束が飛び交う合コンでの必死さは、売れないグラドル以上のものがあります。なので、当たり前のようにお持ち帰りされていますよ。その時の笑顔の振りまき方は握手会の時の10倍。笑っちゃいますよね」(前出・女性タレント)

 そんな、落ち目の領域に入ったり、底辺でくすぶっているアイドルメンバーたちにも売れないグラドルと同様、過激な艶系DVD関係者が近づいてくるという。

「実際、すでに10人近くがそちらに転身を果たしていますからね。彼女たちへの口説き文句は、『今の君なら艶系女優界の“センター”に立てる』だそうです」(芸能プロ関係者)

 そう考えると、あのグループもこのグループも、艶系女優を生み出す“装置”に見えてくるのだ。

(露口正義)=写真はイメージ=

アサ芸プラス

「アイドル」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ