渡辺美優紀、NMB48卒業が確実に...「あの騒動」によるモチベーション低下から抜け出せず?

3月26日(土)12時0分 メンズサイゾー

 NMB48AKB48を兼任する「みるきー」こと渡辺美優紀(22)が同グループを卒業することが確実となった。


 渡辺は今年の「AKB48選抜総選挙」の開票イベントの開催地が新潟に決定した21日、自身のツイッターで早々に不出馬宣言。この時からファンの間では卒業説が飛び交っていた。


 また、握手会イベントでファンが撮影した写真がお腹周りがふっくらしているように見えたため、ネット上では「妊娠説」が浮上。寿引退までささやかれたが、これに渡辺は「ちょっと写真でお腹がぷにって見えたからって それはひどいよ〜」と完全否定。ファンは「卒業もないんだね!」などと歓喜していたが、24日にトークライブアプリ「755」に書き込んだ意味深発言によって風向きが一変した。


 当日、NMB48の握手会スケジュールが5月14日〜7月23日までの日程で発表され、ファンから申し込もうかどうか迷っているとのコメントが寄せられた。これに渡辺が「申し込まないでください。そこまでここにはいないと思うので」と卒業を示唆するコメントをしたのだ。


 これだけならファンに一縷の望みがあったが、25日付の日刊スポーツが「今月末にも卒業意向」と報じたことで卒業は確実となった。


「同社はメンバーのグラビアやインタビューで構成された専門紙『月刊AKB48グループ新聞』の発行元であり、AKBグループとはベッタリの関係。その日刊スポーツが断定記事を掲載したとなれば、これは"公式発表"と考えていい。同社と運営サイドの関係上、本人の正式コメントの前に独占スクープにしたのでしょう」(アイドルライター)


 渡辺といえば、NMB48が結成された2010年から「さや姉」こと山本彩(22)とともにダブルエースとして活躍。ボーイッシュでサバサバ系の山本と「釣り師」と呼ばれる小悪魔的な渡辺のコントラストが同グループの大きな軸になっていた。2012年には共にファースト写真集をリリースし、売り上げ対決で渡辺が勝利。それからも切磋琢磨しながら、双方とも「選抜総選挙」で上位にランクインするなどNMB48のみならずAKBグループの中核を担う存在に成長した。


 ところが、2014年3月に人気モデル・藤田富(23)とのお泊り愛が報じられたことで状況が一変。渡辺は疑惑にノーコメントを貫き通し、処分もなかったためにAKBグループのファンから「スキャンダルで辞めたメンバーもいるのに」「人気メンだからってずるい」と反感を買った。同時期に「NMB48の二軍」といわれるチームBIIへの異動が決定し、運営サイドからの扱いも変わってしまった。


「騒動以降は渡辺に対する"推し"が目に見えて弱まり、ダブルエースの座を追われることに。運営サイドは山本のプッシュに専念する体制に移行し、実質的なワントップ状態になっています。この扱いの差によって渡辺のモチベーションが急降下し、最近は握手会や写メイベントで遅刻・早退を連発していた。今までグループ屈指の神対応で知られていただけに異常事態。表向きは『体調不良』が理由ですが、その直後にテレビやラジオの仕事をこなしていることが判明しており、ファンから心配と批判の声が同時に噴出していた。しかし、それも卒業が決まっていたとなれば納得。グループを離れるならファンイベントへの参加はあまり意味がないですからね」(前同)


 運営のプッシュと絶大な人気で順風満帆だったアイドル人生が、オトコによって狂わされてしまったともいえそうだ。当の藤田は仮面ライダーシリーズ最新作『仮面ライダーアマゾンズ』の主演に抜擢され、逆に上り調子なのだからファンの悔しさは計り知れない。


 こんな状況になりながらも、いまだ藤田と交際しているとの疑惑が根強くある渡辺。卒業すれば晴れて恋愛解禁となるが、その時に彼女はファンを選ぶのか、オトコを選ぶのか。可愛らしいルックスと極上ボディの評価は非常に高いだけに、卒業後もソロアイドルとして活躍してほしいものだが...。

メンズサイゾー

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ