東山紀之『砂の器』クランクアップで「セクシーサンキュー」

3月26日(火)18時0分 オリコン

28日放送フジテレビ開局60周年特別企画『砂の器』をクランクアップさせた(左から)野村周平、東山紀之、中島健人 (C)フジテレビ

写真を拡大

 俳優の東山紀之が主演する28日放送のフジテレビ開局60周年特別企画『砂の器』(後7:57)が、このほどクランクアップを迎えた。警視庁捜査一課の刑事・今西栄太郎(いまにし・えいたろう)を演じた東山は、バディを組んだ若手刑事・吉村弘(よしむら・ひろし)役の野村周平と都内の駐車場ですべての撮影を終了。スタッフやキャストに向け真面目なコメントとともに締めるかと思いきや「こういうときのために(カメラが)あったんじゃないかな、セクシーサンキュー!」と、いきなり共演の中島健人(Sexy Zone)のキメぜりふを拝借してポーズを決め、座長としてその場を沸かせた。

 この日撮影されたのは、中島演じる天才作曲家・和賀英良(わが・えいりょう)をいよいよ逮捕しに現場に到着したシーン。新曲の「宿命」を演奏し、喝采をあびた和賀は、婚約者の佐知子と幸せなひとときを過ごしているが、そこに二人の刑事が向かっていく…。どこか和賀の人生に共感していた今西は、複雑な思いを胸に吉村と歩みを進めるのだった。

 河毛俊作監督から花束を受け取った野村は「短い時間でしたが、監督はじめキャスト、スタッフの方に出会えて、何よりも東山さんに出会えたことが宝物だなと思いました」としみじみ。続いて東山のあいさつの番となると、一足先にクランクアップを迎えた中島が背後から花束を持って登場し、東山は一瞬驚くも「おー!来たのか」と笑顔。「河毛監督とも久しぶりにご一緒させていただいて、十何年ぶりということだったのですが、また近々ご一緒したいと思っております」と再会を約束した。

 そしてこの日都内の別現場にてクランクアップを迎えていた中島は、花束を差し出した河毛監督とハグ。「本当にありがとうございます。今まで24年間はアイドルとして光を表現することが多かったのですが、25歳をきっかけに、人間の影を表現する『砂の器』の和賀英良という役に巡り会えたことは、大きな財産になったと感じております」と感慨に浸った。

 続けて「15年前からこの作品に憧れていましたので、和賀英良にめぐり合わせてくれたすべての方々に感謝しております。支えてくださった河毛監督、スタッフの皆様、東山さんをはじめとしたすてきな共演者の皆様に感謝しております。この作品をきっかけに、すてきな25歳を、25歳以降を歩めたらいいなと思っておりますので、明日以降もしっかりと大きな器で頑張ってまいります。ありがとうございました」と熱く語っていた。

オリコン

「東山紀之」をもっと詳しく

「東山紀之」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ