ポケモン初の公式ベビーブランド「monpoke」誕生 ブランドプロミスは「はじめての“発見”の提供」

3月26日(火)11時39分 オリコン

ポケモン初の公式ベビーブランドが誕生(C)2019 Pokemon.(C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

写真を拡大

 小学館集英社プロダクションは26日、世界中で大人気コンテンツのポケモンから初の公式ベビーブランド「monpoke(モンポケ)」が誕生したことを発表した。

 新世代のママやパパに向けて、「ハイセンス」「高品質」「大人も欲しいデザイン」「ギフト」をコンセプトとし、マタニティ期のママから36ヶ月前後までを対象とした、親子で使えるデザイン・品質の製品を展開していく。

 ポケモンが誕生して23年。ブランド誕生の背景としては、その間幅広いコンテンツの展開からファンの世代も広がり、当時小学生だった子どもたちが親となる年齢になり、今では2世代・3世代で楽しめる存在に。そんな中、大人向け商品は雑貨やアパレルなど近年市場が大きく拡大し、マタニティやベビー向け商品の需要も急増しており「オシャレでかわいいグッズが欲しい」という声を受け、モンポケが誕生した。

 ブランドロゴは、カラフルで楽しい印象ながら、大人でも持てるやさしいトーンで表現したデザイン。シンプルなタイポグラフィと組み合わせた、ポケモンの新ブランドを象徴するロゴマークとなった。ブランドネーミング&ロゴデザインは「cacdo(カクド)」が開発を担当。ロゴデザインのみならず、今後商品パッケージやプロダクトデザインなどスペシャルコラボレーションも展開していく予定。

 そのほか、「楽しいコンテンツ」として、今後、モンポケ公式ホームページや公式SNSにて情報を発信。懐かしさも感じるロッドパペット(棒遣い人形)を使用した子ども向けの楽しい動画の配信や、えほん型ブランドブック、イベントによるグリーティング、雑誌連載など、親子で楽しめるコンテンツを紹介する。

 また、ブランドコピーは「はじめまして、をあつめよう。」で「お子様に向けては、“はじめて”の経験をたくさん積んで豊かな心に成長してほしい。親御様にむけては、お子様の一度きりの“はじめて”というかけがえのない瞬間をたくさん集めてほしい、という願いがこめられています」とし、ブランドプロミスは「はじめての“発見”の提供」。「“はじめて”を与えて、発見をきっかけに、小さな子どもたちに、広い世界を教えてあげる。それが子どもたちへのギフトであり、モンポケがみんなに果たすべきお約束です」とメッセージしている。

※「monpoke」:「e」の正式表記は「e」の上にアクセント記号が付くフランス語表記。

オリコン

「ブランド」をもっと詳しく

「ブランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ