上戸彩、夫役・井ノ原快彦の笑顔は「100点満点や!」

3月26日(火)7時0分 オリコン

カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』に出演する上戸彩、井ノ原快彦 (C)カンテレ

写真を拡大

 人気グループ・V6の井ノ原快彦が主演するフジテレビ系カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』(後9:30)26日の放送を前に、共演の上戸彩とみどころについて語った。戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取って育てた主人公・鈴木重三郎(井ノ原)と妻・誠子(上戸)の大家族の絆を描いたオリジナル作品。井ノ原をはじめとした鈴木家の笑顔について上戸は「100点満点や!(笑) 」と、劇中の重三郎の話し方をまねてアピールした。

 自身初となる大家族の父親役に井ノ原は「現場に子どもがいるっていいなと思いました。子役の子たちがいない場面の撮影でも、この作品に子どもが関わっているんだという温かい空気感が現場にありました。戦争中を描いたドラマですが、そういったほんわかした一面もきっとあったのだろうと、想像力を駆り立てられながら撮影をしていきました」としみじみ。

 劇中でみせる温かな笑顔が印象的な井ノ原は「それは、上戸さんや子どもたち、スタッフさんに助けられたからだと思います。支度中や、撮影の合間もとにかくいっぱいお話しして、本当の夫婦、本当の家族のような時間を共有しました。ですから、みんなに“シゲさん(重三郎の愛称)”を作ってもらったという感じです」と、共演者やスタッフに対して感謝を込めた。

 また、家族について幸せを感じたシーンについては、「野菜を作ったり、四つ葉のクローバーを探しているシーンですね。みんなで『頑張れよ』って声を掛け合っている時って、外からだと幸せに見えないかもしれませんが、そういう時って重三郎自身は『子どもっていいな』って思ったり、心配したりしながら汗を流していると思うんです。だから、案外、こうして忙しい時が一番幸せなんじゃないかと思いました」と役柄の気持ちに思いを馳せる。

 一方、上戸は、「ずっと完成が楽しみでした。涙無しには見られない、台本を読んだ第一印象と変わらず、とても好きな家族のお話で、よりたくさんの方に見ていただきたいと心から思いました」と手応え。「本当に子供達の声、表情、発想が毎日いとおしく、たくさん助けていただき、楽しかったです!」と、充実の表情で撮影を振り返った。

 そして「家族とは、血のつながりだけではなく、その人自身の心、お互いの想いで成り立っていること。今のこの寂しいニュースが多い世の中で、この『僕が笑うと』は皆さんの心に改めて届けたい家族の意味、家族の形が詰まった素敵なお話に出来上がったと思いました。一夜で終わってしまうことが寂しいほど私の中にも深く刻まれた作品です。どうか、今夜9時半…多くの皆さんの心にこのお話が届くことを願っています。絶対見てください!」と作品への熱い想いを伝えている。

オリコン

「上戸彩」をもっと詳しく

「上戸彩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ