永野芽郁と北村匠海が会いたい芸能人を告白 北村はムロツヨシ、永野はドリカム

3月26日(火)16時6分 エンタメOVO

北村匠海(左)と永野芽郁

写真を拡大

 映画『君は月夜に光り輝く』公開記念ティーチイン舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の永野芽郁北村匠海が登壇した。

 本作は、第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜氏のデビュー作を映画化したラブストーリー。不治の病を患い病院から出られない女子高生の渡良瀬まみず(永野)と、彼女の願いを代わりに体験し、その感想を伝える“代行体験”を行う同級生・岡田卓也(北村)との交流を描く。

 この日は、永野一人が登壇予定だったが、スケジュールを調整した北村も急遽サプライズで登場し、観客は大絶叫。

 トークではそれぞれ劇場で鑑賞していたエピソードも語り、司会者から「他の人に気付かれなかったですか?」と聞かれると、永野は「全然気付かれなかったです。泣いている人や、いろいろ感想を言っている人たちがいる中で、一人ポツンと見ていました。うれしいけど、『うわ、ブス』とか『キモっ』とか言われたらどうしようという焦りはありました。でも、お褒めの言葉ばかりが飛び交っておりまして、良かったでございます」と笑顔を浮かべた。

 北村は「自分が出ている映画を映画館に見にいくのは初めての経験でした」と振り返り、上映後には「みんなが(劇場を)出るまで下を向いて待っていて。自意識過剰だと思いますけど、号泣しているやつがいるって思われてたかな」と振り返った。

 その後、観客の質問に答えるティーチインも行われ、「会ってみたい芸能人は?」という質問が出た。これに対し、北村は「ムロツヨシさんに会いたいです。お仕事をしたことがなくて、個人的にすごくファンです。仲のいい(伊藤)健太郎くんとかが一緒にやっていたりするのを見て、うらやましいと思っていました」と語った。

 一方、永野は「たくさんいるんですけど、ドリカム(DREAMS COME TRUE)さん。ずっと好きなんです。aikoさんや小田和正さんとか、お母さん世代の方たちがズキュンという感じです」と話した。

エンタメOVO

「永野」をもっと詳しく

「永野」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ