「ラスだった試合もプロだと感じました」萩原聖人、チームメイト・黒沢咲の奮闘を称える

3月27日(金)9時11分 AbemaTIMES

 俳優兼プロ雀士として活躍し、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」のTEAM雷電に所属する萩原聖人(連盟)が、3月26日に自身のInstagramを更新。24日に行われた「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」で奮闘したチームメイトの黒沢咲(連盟)をねぎらった。

▶映像:瀬戸熊直樹のトルネードツモ炸裂!大興奮するファンが続出

 俳優の村上淳とのダブル主演映画「島守の塔」の撮影のため、沖縄に滞在している萩原。26日のInstagramでは村上とのツーショットを披露し、「完成したら本当に観ていただきたい作品です」と同映画への思いをつづった。

 俳優業と並行して、TEAM雷電の一員としてMリーグにも全力投球している萩原は、「先日のお嬢の連投は素晴らしかった! 結果はトップ、ラスでしたがお嬢らしい覚悟を感じる闘牌でした」と24日の対局で連投した黒沢を絶賛。「前回のお嬢はラスだった試合もプロだと感じました」と自身の麻雀を貫いたチームメイトの姿勢に、あらためて感じ入るものがあったようだ。

 この萩原の投稿に、TEAM雷電のファンからは「お嬢の連闘はカッコ良かったですね!」「見ててワクワクする麻雀でした!」「最後まで『魅せる麻雀』を期待しております!」と共感のコメントが続出。また「撮影頑張ってください」「映画絶対に見ます」「完成楽しみにしています」など、“俳優・萩原聖人”へのエールも相次いで寄せられた。

 萩原は「みなさんMリーグで、チーム雷電で今夜も熱狂してください!」と応援を呼びかけており、Instagramのコメント欄には「ここから、これから」「気合い入れてくぜハギー!」といった声が続々とあがっていた。

▶映像:瀬戸熊直樹のトルネードツモ炸裂!大興奮するファンが続出

▶映像:笑顔弾けるダブルピース!桜姫・岡田紗佳がセミファイナル初勝利

AbemaTIMES

「プロ」をもっと詳しく

「プロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ