視聴者クギ付け!小栗旬が「二つの祖国」で魅せた肉体美のルーツとは

3月27日(水)10時15分 アサジョ

 3月23日、24日の2夜連続で放送された、テレビ東京開局55周年を記念したドラマ「二つの祖国」(テレビ東京系)。山崎豊子氏の同名小説を原作に、人気俳優・小栗旬が主演。太平洋戦争を舞台に、アメリカで生まれた日系二世の主人公・天羽賢治が日本とアメリカの狭間で家族の絆を引き裂かれ、過酷な運命に翻弄されながらも逞しく生き抜く物語だ。

「このドラマは、小栗の他にも多部未華子高良健吾新田真剣佑、ムロツヨシなど、人気俳優が集結。さらに中村雅俊、ビートたけしなど、開局スペシャルに相応しい豪華キャストも見応え十分。特に小栗とムロの“真剣勝負”には、心が揺さぶられる視聴者が続出したようです」(テレビ誌記者)

 物語は戦争によって“アメリカか日本か”どちらに忠誠を誓うか選択を迫られ、小栗演じる賢治は米軍の陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の任務に就く。終戦後も東京裁判で通訳の仕事に就き東条英機らA級戦犯の絞首刑の場に立ち会い、小栗は日本とアメリカ、二つの祖国を持つ青年の苦しみと葛藤を見事な演技力で表現。ドラマを見た視聴者からは「小栗旬の演技だけは文句をつける気は全くない」「小栗旬はこんなにも幅のある演技をするようになったのか」など、ネットでは絶賛の嵐となった。

 さらに注目を集めたのが、ドラマ冒頭で映し出された小栗の“肉体美シーン”。

「真珠湾攻撃が起き、日系人は収容所に送られるのですが、食堂からスプーンが一本なくなったことで、日系人たち全員が尋問を受ける屈辱的なシーンに、小栗も一糸まとわぬ姿で登場。仲間が倒れる場面ではそのまま駆け寄り、必死にかばう演技を見せていました」(エンタメ誌ライター)

 あの天下の小栗旬が一糸まとわぬ姿で熱演するだけでも衝撃的だが、注目はその鍛え上げられた肉体。早速ツイッターでも「小栗旬のお尻というか後ろ姿、引き締まっててスゲーな」「まさかの小栗旬の美しい肉体が脳裏に焼き付いている」など興奮コメントが殺到した。

「小栗は20歳の頃は、体重が60キロで華奢でした。しかし2011年に舞台『髑髏城の七人』に出演した際、自分のスタミナ不足を痛感してトレーニングに目覚めたといいます。以降、週5回1時間のトレーニングを欠かさず、下半身の動きを鍛えるためにキックボクシングのジムにも2日に1回のペースで通っているそうです」(女性誌記者)

 2020年、全米公開予定の「ゴジラVSコング」で、念願のハリウッド進出を果たす小栗旬。その肉体も“海外仕様”になっていたか!?

(窪田史朗)

アサジョ

「小栗旬」をもっと詳しく

「小栗旬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ