西島秀俊&内野聖陽『きのう何食べた?』が映画化 2021年公開

3月27日(金)5時0分 クランクイン!

 俳優の西島秀俊内野聖陽がダブル主演し、2019年4月クールに放送され大ヒットを記録したドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)が、映画化されることが発表された。2021年に公開される。 累計発行部数700万部(電子版含む)突破のよしながふみによる同名漫画を映像化した本作。2LDKのアパートで同居する、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(シロさん)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(ケンジ)の毎日の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微を描く。

 ドラマはTwitterの世界トレンド1位、見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を超え、歴代最高記録を次々と更新。ドラマ24枠シリーズ平均でタイムシフト視聴率が歴代最高(調査開始以来)、『孤独のグルメSeason8』に次ぎ、総合視聴率は歴代2位タイ(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)となるなど、深夜ドラマ枠としては異例の大ヒットを記録。主人公2人の愛情ある温かな関係性が幅広い世代の女性から支持され、最終回放送終了後には“何食べロス”となる人々が続出した。

 同作は、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞、第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞するなど2019年のドラマ賞を総なめし、今年元日には正月スペシャルドラマが放送され高視聴率を記録している。

 映画版では、西島演じるシロさんと内野演じるケンジをはじめ、個性豊かな人気キャラクターたちも全員総出演する。また、監督・中江和仁と脚本・安達奈緒子のタッグも続投が決まった。

 映画化に向けて西島は「ケンジや仲間達との再会が今からとても楽しみです。劇場版でも変わらぬ2人の姿をご覧頂けるよう、心を込めて演じたいと思います」と語り、内野は「ケンジの愛が銀幕の中で暑苦しくならないように、男性同士の愛の生活をより自然体で表現できたらいいなと思っております!」と意気込みを見せる。

 原作のよしながは「ドキドキです! 深夜に放送された30分ドラマのささやかで幸せそうなシロさんとケンジの世界観はそのままに、ごほうびのように素晴らしい景色の中で二人が佇む美しい映像をスクリーンで観られたら素敵だなあと思っております」とコメントを寄せた。

 劇場版『きのう何食べた?』は2021年全国公開。

クランクイン!

「西島秀俊」をもっと詳しく

「西島秀俊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ