染谷将太、『浦安鉄筋家族』で花丸木役! 驚異の再現度!?追加キャスト一挙解禁

3月27日(金)17時0分 クランクイン!

 浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗を主演に迎えてドラマ化する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/4月10日より毎週金曜24時12分)より、染谷将太滝藤賢一ら追加キャスト陣が発表され、再現度に驚くビジュアルが解禁された。 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。

 佐藤演じる大鉄をはじめ、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫が個性豊かな大沢木家メンバーを演じ、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。スタッフは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。

 今回解禁されたのは、大沢木家をとりまく個性派キャラクターを演じるキャスト陣。

 染谷が演じるのは、ベテランのいじめられっ子かつ、肌の抵抗が少なく服が脱げやすい天然変態で、岸井ゆきの演じる桜の彼氏・花丸木役。「子役時代、『浦鉄』が実写化した際は絶対に参加したいという思いから、ひたすら漫画を読みこみ自分なりに演じてみて、熱演のあまり親にうるさいと言われたりなどしながら、出演する準備を勝手にしてきました。そんな日から約20年。まさか、実現するとは!」とコメント。

 大鉄のタクシー常連客役で出演するのは、同放送枠のドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』で古舘寛治とダブル主演を務めた滝藤。「まさか、『コタキ兄弟と四苦八苦』の流れで『浦安鉄筋家族』に出られるとは…」という滝藤は、「私もできる範囲でやりたい放題やらせていただきました(笑)。ああ!『コタキ兄弟と四苦八苦』!終わってほしくない!ああ!でも『浦安鉄筋家族』!早く観たい!」とコメントした。

 また、染谷、滝藤のほか、大東駿介が斎藤汰鷹演じる小鉄の担任・春巻龍役、松井玲奈が大鉄やタクシー運転手仲間が行きつけのファミレスの店長・麻岡ゆみ役、宍戸美和公が小鉄の同級生・土井津仁の母であり、超ド貧乏なため、自宅の隣の墓場からお供え物を奪って食らい血肉とする、大鉄と並ぶMs.ノーコンプライアンスママ・仁ママをそれぞれ演じることも発表された。

 ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて4月10日より毎週金曜24時12分放送。

クランクイン!

「浦安鉄筋家族」をもっと詳しく

「浦安鉄筋家族」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ