稲村亜美「ついに野球界にも」阪神藤浪らの回復願う

3月27日(金)11時26分 日刊スポーツ

稲村亜美(2016年11月2日撮影)

写真を拡大


「神スイング」で知られるタレントの稲村亜美(24)が、プロ野球界でも新型コロナウイルス感染者が出たことを受け、回復を願った。
稲村は27日、ツイッターを更新。「ついに野球界にも、、」と書き出し、「些細なことでも気づけたのは普段から体調管理を徹底しているからなんでしょうね。自分の体の変化に気づいてあげることが大事なのかもしれません。無事に回復してくれることを願います」とつづった。
阪神藤浪晋太郎投手(25)が「嗅覚」異常を訴え、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たことが26日、分かった。NPB選手では初めて。また、藤浪と食事をした阪神の2選手がPCR検査を受けて、陽性反応が出たことが27日、関係者の話で分かった。

日刊スポーツ

「回復」をもっと詳しく

「回復」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ