なにわ男子、初レギュラー番組で“立体看板”製作 西畑大吾&藤原丈一郎が挑戦

3月27日(水)5時0分 オリコン

夕方のニュース情報番組『キャスト』新レギュラーのなにわ男子から藤原丈一郎と西畑大吾が初仕事 (C)ABC

写真を拡大

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子が、初めてレギュラー出演するABCテレビ夕方のニュース情報番組『キャスト』(月〜金 後3:50※ABCローカル)に4月3日放送から初登場。初回はセンター・西畑大吾と最年長・藤原丈一郎のコンビが『立体看板製作』のお仕事を体験する。

 毎週水曜レギュラーとして加わるなにわ男子が担当するのは『なにわの仕事を学びまSHOW!』のコーナー。関西の様々な仕事を実際に体験し、その裏側を知ることで、これまで知り得なかった世の中の仕組みや関西の魅力を学んでいく。毎週メンバーのうち2人がロケとスタジオに出演する。

 記念すべき初回を担当するのは、なにわ男子の中で一番真面目で努力家といわれる西畑と、頼れる兄貴的存在の藤原。今回は商品や観光地のシンボルまであらゆるものを立体造形にする立体看板製作に挑戦することに。大阪・道頓堀にやってきた2人は巨大な看板の数々に「どうやって作るんやろ?」と興味津々。そこで八尾市内にある立体看板製作の会社を訪れる。

 今回の目的は関西で独自の発展を遂げた看板の歴史、立体看板の作られ方を学ぶこと。社長の中村さんから、看板だけでなくプロモーション用の立体造形など依頼は多岐に渡ることを教えてもらった西畑と藤原。その後は「僕たちにできるお仕事はありますか?」と意欲をみせ、実際に中村さんから立体看板の材料となる発泡スチロールの処理を任される。その作業が終了すると、今度は「立体看板を作ってもらおう」と言われ、驚く2人に依頼されたのは大阪名物の…。

 さっそく作業に取り掛かる2人は原型作りから表面加工、塗装までのすべてを社長にアドバイスしてもらいながら進行。なかでも塗装は看板職人の腕のみせどころだそうで、2人の腕にも力は入る。果たしてどのような立体看板ができあがるのか。西畑・藤原の奮闘にも注目だ。

オリコン

「関西」をもっと詳しく

「関西」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ