五輪延期でフジテレビ月9「SUITS/スーツ2」も放送期間再考

3月27日(金)15時48分 スポーツニッポン

フジテレビ社屋

写真を拡大

 フジテレビは27日、遠藤龍之介社長の定例会見で、4月スタートのドラマ「SUITS/スーツ2」(月曜後9・00)の放送回数について、「そのままいくのか検討しているところで現在進行形」とコメントし、変更する可能性も示唆した。

 2018年10月期に織田裕二(52)主演で放送された作品の続編で、鈴木保奈美(53)も出演する。

 当初は石原隆取締役が「通常(のドラマ)は月曜9時に関わらず1クール、約3カ月間、本数はカレンダーによって多少変化しますけども、今回は長い本数で夏まで駆け抜けようと思っております」と説明。「通常の1クールは最大で13本。それよりも多い本数になる。オリンピック・パラリンピックの(開幕)前まで、このスーツ2で走りきりたい」と特別編成を強調していた。

 しかし、五輪が延期となったことで放送期間の再検討を始めたという。石原取締役は「東京五輪がこうなっちゃったことでどうするんだという感じ。ただ台本の製作や全体の流れ等は随分前から打ち合わせに入っている」と説明。

 当初の予定通りの期間で放送するか、短縮するかについて「これから変更するのか、そのままいくのか、まさに今、検討しているところ」と明確な回答を避けた。13回以上かどうかも「それも含めて」再考している。

スポーツニッポン

「フジテレビ」をもっと詳しく

「フジテレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ