『モンスターハンター』ポール・W・S・アンダーソンとカプコンの開発陣が固い握手交わす ─「感動してます」

3月27日(土)9時0分 THE RIVER

実写映画版『モンスターハンター』が、2021年3月26日(金)に待望の日本公開を迎えた。この度、監督を務めたポール・W・S・アンダーソン、ゲーム『モンスターハンター』シリーズのプロデューサー辻本良三と、『モンスターハンター:ワールド』のエグゼクティブディレクターの藤岡要が揃った最終確認の場を捉えた貴重な特別映像が到着している。

本作では、突如発生した超巨大な砂嵐に遭遇してしまい、謎の世界に飛ばされた特殊部隊を率いる隊員アルテミス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が、ミステリアスなハンター(トニー・ジャー)と手を組み、モンスターと決死の戦いに挑む姿が描かれる。

公開された映像では、10年以上に渡り本映画化企画を牽引してきたポール・W・S・アンダーソンと、ゲーム『モンスターハンター』シリーズに長年心血を注いできた辻本良三、『モンスターハンター:ワールド』エグゼクティブディレクターの藤岡要の3人が一堂に会し、改良を重ね最終段階を迎えた本作を丹念に確認する現場を収められている。

辻本&藤岡は、アソシエイトプロデューサーとして映画にも参加。ファンを裏切ることのない、かつプレイしたことがなくても『モンスターハンター』の世界を心から楽しめる極上の1本とするべく、アンダーソン監督とも何度も会話を重ねて共に作り上げてきた。

ディアブロス亜種、リオレウスとのハンティングアクション、アプケロスの群れ、山崎紘菜がふんした受付嬢のビジュアルなど、アンダーソン監督が胸を張って見せる数々の場面に、「ゲームにとても近いですね。忠実に再現されていてとても感動してます」と笑顔を見せる。「ゲームファンも喜ぶかな?」と問う監督と両氏が固い握手を交わしたりと、納得の仕上がりに自信と興奮をのぞかせる3人の姿も映し出されている。

映画『モンスターハンター』は、2021年3月26日(金)公開。

『モンスターハンター』公式サイト

THE RIVER

「モンスターハンター」をもっと詳しく

「モンスターハンター」のニュース

「モンスターハンター」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ