デーモン閣下「大人げない」批判に徹底反論 「完全論破」「とても参考になる」

3月28日(水)19時2分 J-CASTニュース

NHK番組サイトに掲載された「お詫び」

写真を拡大

「今後のために吾輩の認識をガイドラインとして説明しておきたい」——ブログにこんな文章をつづったのは、ミュージシャンのデーモン閣下さんだ。


アニメへの「ブチギレ」騒動で、一部から「大人げない」などの声も出ていたデーモンさんだが、2018年3月28日のブログでは詳細な事例も挙げながらこれに反論、これがネット上で反響を集めている。



松本人志も「ちょっと怒りすぎかな」と感想



デーモンさんは18日のブログで、NHKアニメ「ねこねこ日本史」に自らそっくりのキャラクターが登場、公式サイトで「デーモン風高杉」などと紹介されていたことを問題視し、「吾輩の姿の無断使用」などと激しい言葉で批判、対応を求めていた。対してNHKは27日、「デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。


ところがデーモンさんの対応に、ネットの一部では「大人げない」、またパロディーの対象となったことをむしろ「喜ぶべき」といった声が上がり(デーモン閣下は無断使用「喜ぶべき」? NHKへの激怒に意外な反応)、25日の「ワイドナショー」(フジ系)でもダウンタウン・松本人志さんが、デーモンさんに理解を示しつつ「ちょっと怒りすぎかな、とは思いました」と感想を漏らす場面があった。


デーモンさんはNHK謝罪後の28日に更新したブログで、上記のような反応を自ら紹介、「前回の吾輩の書き込みで詳細に言及していなかったのでそういう思いを抱いた人もいるのであろう」として、約3000字にわたって反論を行った。



「すべての業種の人々に対し不勉強で非礼な物言い」



デーモンさんはそもそもの原則論として、無許可で「『明らかに誰か(何らか)の扮装と分かる姿』を『何らかの宣伝に使う』や『それを使用したものを販売する』」ことは「基本的にアウト」であると解説する。


「この約束事を曖昧にすると、あらゆる広告業やライセンス業が成り立たなくなる、崩壊する、吾輩に限らず」

今回の「デーモン風高杉」については、デーモンさんの名前も含めて番組のサイトに掲載、有料配信されている番組動画の「宣伝」として使われていたとデーモンさんは主張し、漫画などで「お遊び」程度にパロディー化されるのとは話が違う、とする。したがって「寛容ではない」「大人げない」「喜ぶべき」といった意見は、


「全くピント外れであり、かつ権利やライセンスを扱うすべての業種の人々に対し不勉強で非礼な物言いであることを自覚してもらいたい」

さらに後段では、「明らかに吾輩の姿をした者」が選挙の応援演説や店舗の広告などに登場した事例なども引きつつ、無断販売されるグッズ、「モノマネ番組」や「コピーバンド」などについて、それぞれの「線引き」をかなり具体的に説明している。場合によっては「苦言」「文句」も言う、とする一方で、制作者側への理解もにじむ文章だ。



「閣下による『ガイドライン』、非常に分かりやすい」



ツイッターなどでは反響が相次いだ。おおむね好評で、デーモンさんのようなミュージシャンに限らず、クリエーターに広く役立つ議論だ、という声が目立つ。


「クリエイティブな仕事をする多くの方々の指針になる事が書かれていると思います」

「大人気ないだの器が小さいだのの批判にこれ以上ないくらい丁寧に回答していて人柄(正確には人じゃないけど)の良さが出ている。まさに完全論破。これでもまだ閣下を叩く人は自分の器が極小サイズだって申告してるようなもんな」

「閣下による『ガイドライン』、非常に分かりやすい。グレーな線引きの中で繰り広げられる同人誌界隈にも通じるお話」

デーモンさんはブログに、「この一件は、当該制作のみならず他の媒体でも、褌を締め直す契機やヒントになってもらえればと考える」と記している。

J-CASTニュース

「デーモン閣下」をもっと詳しく

「デーモン閣下」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ