「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第8回 山口真帆「犯人との交際認めたメンバーいる」 AKS「今回は不問に」

3月28日(木)10時0分 マイナビニュース

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー・山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の調査結果を受け、同グループを運営するAKSが22日、新潟市内で会見を開いた。出席者は、AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏の3名。本企画(「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録)では、時系列に沿って発言をまとめていく。最終回は、開始150分頃から終了の180分頃まで。

○■記者との一問一答の続き

——報告書の23ページに「マイクロバスが到着する時間帯に発着場所で待機することによって、メンバーの“見送り”を行うファンが現れたり、メンバーの後をつけることで住居を知ろうとするファンも現れることとなった」となる。いつ頃のことか。

松村:時期という確定的なことはあれなんですけども、割とよくあることの可能性はございます。さきほどからご指摘を受けてますように、例えばマネージャーが一緒に降りるとか、メンバーと一緒に家の方まで行くとかそういう抑止力というか、回避できる確率は上がるのですが、それをやってなかったということが一番の大きな原因かなと考えております。

——別のアイドルグループでも危険な目にあうケースはあった。マネージャーをつけずに送迎することや一部のファンとの接触を把握していないことについて、是正しようという話は出なかったのか。

松村:当然、ございます。それが本当に不十分だったということには何も申し上げることはなく、さらなる是正、改善が急務であるということだと思います。これは毎日毎日動いて参りますので、その中で想像しないことも起こりうることに対してすぐに対応していく姿勢を今後はさらに守っていきたいと思っております。

——第三者委員会の調査結果との間に認識の齟齬がある。第三者委員会と報告書の内容について話し合い、何かを打ち出すことは検討していないのか。

松村:そういうご指摘を受けるということは、不徳の致すところでありますし、今のご意見を参考にしっかりとがんばっていきたいなと思っております。ありがとうございます。

——報告書に書かれている「新潟という活動拠点の特殊性」を否定する一方、メンバーの関与については報告書に則っている。運営側としては、報告書を100%受け止めるのか、あるいはそうじゃないのか。報告書の内容の一部を肯定しながら、一部では否定するのはダブルスタンダードなのでは。

松村:それに関しては、先ほどから申し上げておりますが、証拠の問題かなと考えておりますし、「新潟という活動拠点の特殊性」ということで言うと、新潟というよりNGTの体制として先ほど申し上げたウィークリーマンションにメンバーが住んでいたことだったり、降車場所、乗車場所が限られているのは事実です。それに対して意識が薄く、マネージャーやスタッフがそこに帯同していなかった。たぶん、メンバーからも指摘があったと思いますが、それに関してある種の放置が行われていたことを申し上げたく、言ったつもりでございます。

——降車場所などの対策をしても、メンバーやスタッフから情報が漏れてしまうのではないかということをファンも危惧しているはず。詳細が分からないのであれば、報告書を公開するのが時期尚早だったのでは。再調査は検討していないのか。

松村:それはございません。調査というか引き続き、また同じ話かとご指摘を受けるかもしれませんが、メンバーやスタッフとの話しをしっかりやっていくことで一歩ずつ前に進んでいくしかないというふうに考えております。ご指摘はしっかりと受け止めて、それを進めていけたらと思います。

——山口とは?

松村:同じかなと思います。私がツイート、この状況でこうなっておりますから、私だけが彼女と向き合っているわけではないですし、ほかのスタッフが向き合っておりますので、引き続き継続して参りたいと思います。

——話し合いの結果、山口が納得できない可能性もある。その場合、第三者委員会による再調査は行わないのか。

松村:仮定の話なので、それについては大変申し訳ないのですがお答えできないのかなというふうに思います。

——山口が「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」とツイートしている。その真実が明らかになったとしても、12人のメンバーは不問なのか。

松村:すみません、今こういう状況なので(ツイッターを)見ながら。しっかりとこれを読ませていただいて。今、斜め読みしかできていないので。

——結論は仮だと。

松村:そういうことではございません。今回に関しては不問ということでございます。ただ、これを山口がどういうあれでというのがちょっとよく……この状態で見ているので。今一度、終わってから見てみたいと思います。

——また公表するのか。

松村:それも含めて、会見が終わってから考えさせていただきたいと思います。

——犯人グループと交際しているメンバーがいる可能性については、第三者委員会とAKSは、今初めて知ったということで間違いないか。

松村:そうですね。今、まさにツイッターで出しているので。すみません。この状況なので、お答えしながら。

——被害者がこう主張している中、コミュニケーションをとって仲良く活動していきましょうというのは、とんでもないことなのでは。

松村:終わり次第、これを見て考えるように致します。

——山口は今日のツイート以前、ツイッターの声にリツイートや「いいね」をして意思表示をしていた。そのことについて、誰か本人と話しをしていたのか。

松村:それに関しては、意図、その他に関しては私は本人じゃないので分かりません。

——代弁者の声を拾っていることについて、スタッフの誰かが本人と話をしなかったのか。

松村:もちろん、私以外のスタッフがそれはやっております。

——それは誰が担当して、その時にどのようなやりとりがあったのか。

松村:結構、多数の人間でやっておりますので。

——把握していないということか。

松村:もちろん、把握しております。

——山口がツイッターで「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と告発した。今後、証拠が出てきた場合、そのメンバーは処分するということで間違いないか。

松村:それも含めて今後、考えるように致します。

——「不問にして再スタート」は撤回し、「今後は確たる証拠が見つかり次第再考する」に変わったということか。

松村:変わったというか、このツイートに関しては、今はこの状態で何ともコメントが不十分で申し訳ないのですが、終了後に拝見するように致します。ただ、この会見でこの調査報告書に書いてありますように、今回はリリースさせていただきました通り、先ほども冒頭で話をさせていただきました通り、今回に関しては「不問にさせていただく」ということに変わりはございません。

——今後、処分はないということか。

松村:はい。

——「本件事件への関与を否定している」についての内容が薄い。実際につながりがあったかどうか聞いていないのか。

松村:その前段から言うと、この内容に関して「本件事件への関与を否定している」というふうに私共は理解しております。

——甲の証言は嘘だということか。

松村:録音テープがあるのでそのように発言したことは事実だと思います。それをも否定はしておりませんが、当然ながら実際にCが本当にそういうことをやりとりしたのかということは分からないということだと思います。

——「丙と複数回個別に会っていたメンバーがいること」が不問にされている状態で、NGTは正常に活動していけるのか。

松村:確たる証拠がないというところで、今後は不適切な行為を本当に行わないように、メンバー、スタッフに注意喚起、指導をしっかり行っていくということで新しくスタートしていきたいと考えています。

——「丙と複数回個別に会っていたメンバーがいること」についても確たる証拠ないといえるのか。「丙と思われる男性から話しかけられ、何の抵抗もなく会話をしているメンバーがいること、しかも、その内容が他の複数のメンバーの現時点の行動に関するものであること」「丙と複数回個別に会っていたメンバーがいること」「本件事件後に、数名のメンバーがファンとの『つながり』があったとして自ら申告していること」は事実のはず。この状態で山口の再スタートは難しいのでは。

松村:今回は、そういう結果を受けてメンバーの処置に関しては不問にするというふうに考えている次第でございます。

——調査報告書の内容は事実ということで。

松村:調査報告書の内容が事実というか、調査報告書に書かれていることは事実でございます。

なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい。松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました。 pic.twitter.com/YWJV3biP8Y— 山口真帆 (@maho_yamaguchi) 2019年3月22日

——山口が、「松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました」とツイートしている。この事実関係は。

松村:これは私があれしたものではありません。

——心当たりはないということか。松村氏以外のスタッフが対応した可能性は。

松村:それはちょっと分かりません。本人が誰とやりとりしたのか分からないんですけど、私ではないということは事実でございます。

○■締めのあいさつ

松村:あらためまして、本日はお忙しい中、お集まりいただきまして、本当にありがとうございます。長時間にわたりまして皆様からいろいろご質問を受け、誠心誠意答えさせていただいたつもりでございます。ただ、会見の途中でもやはり皆様からの厳しいご意見をいただきましたので、われわれとしてもAKS社、NGT48はいただいたご意見をもとにまたNGTが再興できるように頑張って参りますので、何卒ご支援ご鞭撻のほどお願いしたい次第でございます。あとは山口含め、メンバーそしてご父兄の皆様に多大なるご心配と心に深い傷を負わせてしまったことをあらためてこの場を借りてお詫び申し上げます。

そして、最後にNGT48のファンの皆様、それと新潟の県民の皆様、今日お集まりいただいたメディアの皆様、そしてわれわれを支援しようということで応援を今までしてきていただいたクライアントの皆様にも失望の念を抱かせてしまったことを深く反省しております。引き続き頑張って参りますので、宜しくお願い致します。いずれにしましても、本当に今回このような事態を招いたことに関して深く反省しております。大変申し訳ございませんでした。

■NGT48山口真帆 暴行被害事件の経緯

▽2018年12月8日山口真帆が帰宅時に自宅の部屋の前で男2人から暴行被害を受ける

▽2018年12月9日新潟県警が男2人を暴行容疑で逮捕

▽2018年12月28日逮捕された男2人が不起訴処分

▽2019年1月8日山口真帆が動画配信サービスやSNSを通じて事件を告発

▽2019年1月10日山口真帆がNGT48劇場公演で謝罪

▽2019年1月11日NGT劇場支配人の今村悦朗氏が異動、早川麻依子氏が新支配人に就任

▽2019年1月14日「AKB48グループ成人式」後に運営責任者らが会見を開いて謝罪

▽2019年2月1日事件を調査する第三者委員会を設置

▽2019年3月7日前NGT劇場支配人・今村悦朗氏が不適切行動で契約解除

▽2019年3月21日第三者委員会の報告書を公式サイトで公開「メンバー関与せず不問」

マイナビニュース

「AKS」をもっと詳しく

「AKS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ