盛りだくさんすぎて会場が狭く感じた「AnimeJapan 2016」総論

3月28日(月)17時0分 おたぽる

「AnimeJapan 2016」会場の様子

写真を拡大

「アニメのすべてが、ここにある」というキャッチコピーは定着したようだ。

 今年で3回目になる「AnimeJapan 2016」が、無事開催を終えた。この催しは、東京都青少年健全育成条例をめぐる問題に端を発して、2010年から分裂開催となっていた東京国際アニメフェアとアニメコンテンツエキスポが統合して始まった国内最大級のアニメの見本市だ(東京都青少年健全育成条例の問題から現在に至る経緯は筆者の著書『コミックばかり読まないで』に詳しく記したので、そちらを参照のこと)。

 AnimeJapanの最大の特徴は、キャッチコピーにある通り、会場に日本のアニメのさまざまな顔がすべて揃っていることである。今回、3回目の開催となり出展者も慣れてきたのか、物販を中心に据えたブース、これから公開されたアニメのプロモーションに力を入れるブースなど、それぞれの出展者が推すものが、一同に集まる形になった。

 あらゆるアニメがさまざまな形で集っていることによって、来場者の楽しみ方もさまざま。ブースを回って無料配布物を集める人もいる。かと思えば、会場の端には物販商品を見せ合ったり、交換しあったりしている人の姿も。

 今回も各所で行列が見られたが、中でも行列が長かったのは、コラボフードを販売するフードパークだろう。このコラボフードは、前身のアニメコンテンツエキスポで実施されていたもの。AnimeJapanに移行後はスペースなどの問題で、これまで断念を余儀なくされていた。それが、今年は主催者の努力によって復活したのである。『おそ松さん』とコラボする「6つ子おでん」、『WORKING!!!』とコラボする「ワグナリアの北海道チーズカレー」などのメニューを取りそろえたブースの行列は、どんなに短くなっても20分待ちの札が。それにもかかわらず、行列は絶えることなくファンの熱気を感じさせてくれた。

 また、昨年は、芋洗いだったコスプレエリアは、今年は少し拡張。それでも、まだまだ足りぬというくらいの人で溢れかえっていた。

 こう記していくと、オタクのためのアニメイベントのような雰囲気もあるが、実際には家族連れの姿も目立った。会場内に同時開催イベントの形で設置された「ファミリーアニメフェスタ2016」は、ベビーカー置き場を設けたりして家族連れに対してのホスピタリティが満載だったのである。

 こちらで、特に長い行列が見られたのが『クレヨンしんちゃん』のブース。改めて、アニメが多くの世代が楽しむものになっていることを知らしめてくれる光景であった。

 また、これからのアニメ業界を支えるだろう若者に向けて設置された進路相談コーナーも盛況であったことを見逃してはならないだろう。

 とにかく盛りだくさんすぎて、昨年よりも会場が狭いと感じた「AnimeJapan 2016」。来年は、どのように発展していくのか今から期待が膨らむ。
(文=ルポライター/昼間 たかし http://t-hiruma.jp/)

おたぽる

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ