佐藤仁美「ひよっこ2」で懸念されていた「痩せた理由」に視聴者ウケまくり

3月29日(金)17時58分 アサ芸プラス

 2017年上半期に放送されたNHK朝ドラ「ひよっこ」の2年後が描かれた「ひよっこ2」が3月25日から4日間にわたって同局で放送され話題になっている。

 有村架純演じるヒロインのみね子と磯村勇斗演じるヒデは結婚し、2人が勤めていたすずふり亭も健在。あかね坂商店街の人々も、変わらず元気な顔を見せてくれた。さらにみね子の故郷である奥茨城の人々も登場したが、この日の放送では佐藤仁美演じる高子に注目が集まったようだ。なぜなら佐藤は「ひよっこ」放送後にライザップで12キロ以上の減量に成功。貫禄のあるたたずまいがチャームポイントだった高子を、当時とは別人のようなスリムボディになった佐藤がどのように演じるのか疑問視されていたからだ。

「脚本の岡田惠和もこの佐藤の変化が『いちばん僕を悩ませた』と公言していたため、佐藤演じる高子が高い棚に隠していたお菓子の缶を取ろうとして脚立に乗ると脚が折れてしまい、それをきっかけにダイエットしたというエピソードが放送されると、ネット上では《そう来たか 笑》《なるほど》《脚立の脚が折れてライザップに行ったわけやね》《つじつま合ってる》《結果にコミットした高子さん》など納得の声が続出しました」(女性誌記者)

 頑丈そうなボディをしていた頃の佐藤がなつかしい。

アサ芸プラス

「ひよっこ」をもっと詳しく

「ひよっこ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ