酒井法子が薬物事件後初の地上波テレビ出演に「ピエール瀧は何年後?」の声

3月29日(金)17時40分 アサ芸プラス

 3月27日放送の「THEカラオケ★バトル〜またそれやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!〜」(テレビ東京系)に酒井法子が出演。酒井が地上波テレビで歌唱するのは2008年4月9日に出演したNHK「SONGS」以来で、09年の薬物事件後初めてとなる。

 酒井はこの日、1995年4月期に放送された自身が主演を務めたドラマ「星の金貨」(日本テレビ系)の主題歌として大ヒットした「碧いうさぎ」を当時と同じく手話付きで熱唱。歌唱前には番組MCの堺正章から、出演オファーがあった時の心境を質問され「事務所の人も大喜びで。『地上波キター!』みたいな感じでした。(オファーが)嬉しかったので、頑張らせていただきたいです」とはしゃいでみせた。堺から「のりピー語はさすがにもう使わないでしょう?」と聞かれると、「今でも使います。私が『マンモスうれピー』というと(ファンが)喜んでくれて」とコメント。さらにのりピー語での意気込みをとリクエストされると「がんばるピー!」と笑顔で応じるひと幕もあった。

「酒井が登場したのとほぼ同時に、『のりピー』と『酒井法子』の両方がツイッターのトレンド入りを果たすほどの大反響となりました。ツイッター上には『のりピーやっぱ歌うまいわ』『46歳には見えない。若いしかわいい』『思わず聞き入ってしまった』といった称賛の声とともに、酒井の次に登場したのが諸星和己で、飛鳥涼ことASKAの作詞作曲による『パラダイス銀河』を歌唱したため、『酒井法子「碧いうさぎ」からの飛鳥涼作詞作曲/光GENJI「パラダイス銀河」という強烈コンボ』『酒井法子がテレビに出ているということは、ピエール瀧もほとぼりが冷めたら出てくることだろう』『酒井は地上波出演11年ぶり。ピエール瀧は何年後かな?』など、これまでに薬物騒動を起こしたASKAや光GENJIの元メンバー赤坂晃、ピエール瀧容疑者らを想起した人が続出したのもうなずけます」(女性誌記者)

「93.942」という高得点を出し「ギリプロ歌手」と認定された酒井。これをきっかけに、ピエール瀧容疑者と入れ替わるかのように、酒井のテレビ出演が増えることになるのか。

アサ芸プラス

「薬物」をもっと詳しく

「薬物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ