「Nintendo Swtich」を買ってもらえなかった小学五年生 ゲームへの情熱を抑えきれずダンボールで自作してしまう

3月30日(木)13時37分 BIGLOBEニュース編集部

画像提供:あまちゃん(在宅)(@fraise_ama)さん

写真を拡大

ダンボールで再現した任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Swtich」がTwitterに投稿され、製作した小学五年生の発想と行動力に称賛の声が寄せられている。


Twitterユーザー・あまちゃんさんの小学五年生になる弟は、「WiiU」が家にあるという理由で「Nintendo Swtich」を買ってもらうことができなかった。しかし、将来の夢がゲームクリエイターという弟はこの程度で諦めなかった。得意の工作を活かし、ダンボールを切って組み立て、ゲーム機本体をはじめ、ドックやコントローラー「Joy-Con」、ゲームカードなどを作り上げてしまう。


自作の「Nintendo Swtich」は、本体やグリップと着脱可能な「Joy-Con」を見事に再現。スムーズに付け替えることができるようレールが工夫されている。また、欲しかったという「スプラトゥーン2」のゲームカードをぴったりと本体に差し込むことができ、本体はドックに収納することも可能。ハードの特徴を的確に捉え、細部までこだわった熱意の伝わる出来栄えとなっている。


Twitterでは、「将来有望」「ただ欲しがるんじゃなくて、ないから作るって発想がすごい」といった称賛の声が殺到。投稿を見たゲームクリエイターからも「ゲーム業界で 弟さんを待ってます」「昔の僕とやってることほとんど同じで笑いましたwものづくりの素養があるのできっとゲーム作る側の人間になれますよ!」とエールが贈られている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ニンテンドースイッチをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ