22年ぶりに復活した「せがた三四郎」が熱すぎる。体感80kgのセガサターンを背負い、コントローラー連打で血が出たCM裏話語る

3月30日(土)20時33分 電ファミニコゲーマー

 セガフェス2019にて、「セガサターン25周年大感謝祭」が行われた。セガサターンの発売からの歩みを、CMやその年の出来事も交えながら振り返るステージで、セガサターンを象徴する大人気キャラクター「せがた三四郎」こと藤岡弘、氏も当時と変わらない道着姿で登壇した。

 セガ本社を守ってミサイルとともに宇宙に散ったと思われていたせがた三四郎だが、ミサイル爆発シーンではパラシュートと人影のようなものが写り込んでおり、ファンの間で「せがた三四郎は実は脱出したのでは?」とまことしやかに囁かれていた。22年ぶりに元気な姿を見せたせがた三四郎は「22年の時を越えて、宇宙より戻ってまいりました。」と挨拶し、ファンを大いに沸かせた。

(画像はYoutube | 「セガフェス2019 公式生放送 DAY1」より)

 和やかな雰囲気で始まったイベントは、藤岡氏とせがた三四郎との出会いを振り返る事となった。博報堂の担当者に呼ばれた藤岡氏は、いきなり絵コンテを見せられ、「あなたしかいない」と熱烈にオファーを受けたという思い出を語った。絵コンテの中のせがた三四郎は藤岡氏にそっくりな顔をしており、これほど直球のオファーは初めての経験で仰天したという。藤岡氏はCMの内容を確認し、自分の生きざまを叩きつけるにふさわしいものだと感じ、オファーを受けた。

 とは言え、「なんの罪もない野球少年やクラブで遊ぶ若者を投げ飛ばす」という、せがた三四郎の強烈なキャラクターには藤岡氏も若干悩んだことも明かし、会場の笑いを誘った。しかし、かつて父親に武道教育を受けたことを思い出し、子を思う親心を持つキャラクターとして、愛をもって真剣に取り組もうと決意したと笑顔で語った。

(画像はYoutube | 「セガフェス2019 公式生放送 DAY1」より)

 セガサターン末期の1997年から1998年で制作されたせがた三四郎が出演したCMは19本。その中から5本を、せがた三四郎の一連のCMを担当した博報堂のクリエイティブディレクターである安藤宏治氏のメッセージと共に振り返った。

(画像はYoutube | 「セガフェス2019 公式生放送 DAY1」より)

 巨大なセガサターンを背負って走る姿が印象的な「修行編」。背負うことを全く考慮されていない巨大セガサターンは重量40kg、バランスなど考慮していないため体感では80kgと説明され、会場からは驚きの声が上がった。藤岡氏は発泡スチロールか何かだろうと思っていたようだが、そうは問屋がおろさなかった。この巨大なセガサターンを背負ったまま裸足で砂利道を走り、砂利が足に刺さって本当に痛かったという。あのときの苦しそうな表情は作ったものではなかったと語る。

 また、コントローラーを殴るシーンでは「壊していい」と言われ、やはり木製のコントローラーを早送りを使わずフルコンタクトで殴りつけ、手が血だらけになったことを振り返った。

(画像はYoutube | 「セガフェス2019 公式生放送 DAY1」より)

 せがた三四郎のCMは、本来スタントマンを使うところも藤岡氏が体当たりで挑んだ。「ボンバー編」では『仮面ライダー』でも経験したこととは言え、現場で起こった爆発は氏の想像を超えるものであったという。

 「氷上決戦編」では裸足でスケートリンクを走った。その日は昼に『バーニングレンジャー編』で火災現場に挑み、深夜は極寒のスケートリンクで疾走するという炎地獄と氷地獄を体験することとなった。

 それまでの過酷なロケ現場から一転、「せがた打法編」では暖かいバッティングセンターでの収録となった。藤岡氏も喜んでいたようで、「今日は暖かいねぇ」と満面の笑み。現場でセリフの調整はよくあることだが、藤岡氏の笑顔を見た安藤氏は、この笑顔を視聴者に届けたいと笑顔のせがた三四郎をCMの最後に入れたという。

 最終回となった「真剣遊戯編」では、撮影を行った現場には凛とした厳格な雰囲気が漂っていたという。わずか1年のうちに19本というハイペースで撮影を続けた藤岡氏とスタッフの間には、言葉では表せない絆が生まれていた。藤岡氏は自爆直前にせがた三四郎が流した涙には万感の思いがこもっていたと語る。せがた三四郎の最期は、撮影に関わったスタッフ達も涙を流したという。

(画像はYoutube | 「セガフェス2019 公式生放送 DAY1」より)

 そんなせがた三四郎とはどのような存在で、何を伝えたかったかを聞かれた藤岡氏は「人生一回こっきり。アンコールもリハーサルもない。一瞬一瞬に命をかけて真剣に熱く熱く燃えて生き抜く。これが人生だということを教えられました。」と答えた。そして、せがた三四郎はそれを体現した人物だとまとめた。

 若者への熱い想いとエールや、参加したスタッフへの賛辞を語った藤岡氏は、イベントの最後にせがた三四郎のテーマソングである「セガサターン、シロ!」を披露。大好評の内にイベントは終了した。

(画像はYoutube | 「セガフェス2019 公式生放送 DAY1」より)

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「セガ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「セガ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ