中国人バスツアーのガイドが告白「観光客は洗脳すればいい」

3月31日(土)16時0分 NEWSポストセブン

中国人観光客向けバスツアーのガイドをする西谷氏

写真を拡大

 春の訪れとともに、日本の桜を一目見ようと、中国大陸からは“爆買い”ならぬ“爆花見”観光客が日本に大挙してやってきている。マナーの悪さなどが問題視されることもあるが、彼らは日本でどのように過ごし、何を感じているのか。


『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(小学館新書)を上梓したジャーナリストの西谷格氏は、中国人向けの訪日ツアーに新人ガイドとして潜入。ツアー客を実際に引率しながら、彼らの思考様式とプロのガイドの“対応法”を目の当たりにしたという。


 ***

 私は爆買いツアーのガイドとして、先輩男性ガイドの張さん(仮名)とともに、都内の大型ショッピングモールやアウトレットなどをめぐるバスツアーに同行していた。張さんと家電量販店の喫煙所で雑談しながら、ツアーガイドのコツを教えてもらった。


「この仕事はとにかく、客をいかに洗脳するかなんですヨ」


 洗脳という言葉に驚いたが、言わんとすることは理解できた。


「例えばこの磁気ネックレス、中国のガイドはみんなこれ使っているんですよ。1本3万円ぐらいですが、ガイドなら1万円ちょっとで買える。で、お客さんが1本買うと9000円のバックがもらえる。『私も使っていてすごく効きますよー』といえば、みんな買っちゃうんですよ」


 そう言って、ニヤリとしながらシャツの襟の間から銀色の金属の輪をつまんで見せた。張さんの知り合いの中には、この磁気ネックレスの販売に特化したガイドを行ない、一財産築いた者もいるという。確かに、20人が買えば1日で20万円近いバックが入るのだから、儲けは大きい。


「とにかく、こちらの言っていることを信じさせる。これが大事なんです」


  また、時間にルーズな中国人観光客への対処法も教えてくれた。


「『集合時間に遅れたらタクシーで来てください。日本のタクシーは高いので、1回遅れたら2万円ぐらいかかりますよー』って言うんです。みんなお金払うのは嫌だから、こう言っておけばまず遅れない。遅れた人がいても、絶対に待っちゃダメなんです。1回でも待つと、みんな『じゃあ次は私も遅れて来よう』って考えるから」


 さすが、中国人の思考回路を知り尽くしている。中国人に対しては接客業であっても、ある程度割り切ってシビアに対応しないと、ドンドンつけ込まれてしまうのだ。


【プロフィール】にしたに・ただす/1981年、神奈川県生まれ。フリーライター。早稲田大学社会科学部卒。地方新聞の記者を経て、フリーランスとして活動。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした。2016年の春、日本で中国人観光客向けのバスツアーガイドのアルバイトに従事する。ツアーガイドのほか、中国での潜入アルバイト生活について綴った『ルポ 中国「潜入バイト」日記』を3月29日に発売した。

NEWSポストセブン

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ