“大すべり”パターンも!?お笑い芸人と美人モデル「熱愛後」の明暗

4月1日(月)10時0分 アサ芸Biz

 お笑い芸人といえば、いまやモテる職業の一つ。女優やモデルと結婚することも珍しくなくなった。

 その代表は、モデルでタレントの木下優樹菜を射止めたFUJIWARA藤本敏史だろう。ほかにも、元モーニング娘。高橋愛と結婚したあべこうじ、近藤千尋とジャングルポケット・太田博久、佐々木希を娶ったアンジャッシュ・渡部建など、世の男性に羨ましがられる芸人は多い。

 しかし、ブサイク芸人×美人モデルという組み合わせで世間を驚かせたものの、破局に至ったカップルも。その典型例が、インパルス・堤下敦だ。

「堤下の場合は異例でした。06年、カリスマ的ファッション誌『JJ』のトップモデルだった土岐田麗子のほうから、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の収録中に生告白されたのです。この頃の堤下は、人気バラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)にレギュラー出演して絶好調。デブな堤下にアタックしたモデルとして、土岐田も名前が売れ、大忙しになりました」(週刊誌記者)

 婚前旅行も包み隠さず明かした2人だったが、およそ2年後に破局。堤下は11年、「はねるのトびら」のダンス企画で出会ったインストラクターと結婚したものの、その相手とも昨年離婚。17年に2度にわたって乗用車で不祥事を起こし、芸能活動を謹慎したことが原因だった。一方の土岐田は一般人と結婚し、今は幸せいっぱいの生活を送っているようだ。

「一流モデルとの交際と言えば、ファッション誌『CanCam』のトップモデルだった舞川あいくと恋仲だったのが、千原ジュニア。こちらは『女性ホルモン分泌バラエティー 全力☆が〜る』(毎日放送ほか)という番組でのデート企画がきっかけ。その後、14歳差カップルがプライベートでイチャつく様子を写真週刊誌に撮られましたが、長くは続かなかったようです」(前出・週刊誌記者)

 30歳になった舞川は、まだ独身。ここ数年は、プロデュースするつけまつげが爆発的人気だ。一方の千原ジュニアは15年、空港の土産店で働いていた18歳年下の美女とゴールイン。一児のパパになっている。

 人気芸人と、ファッション誌の看板モデルによる恋路。その行く末は“すべり知らず”とはいかなかったようだ。

(北村ともこ)

アサ芸Biz

「芸人」をもっと詳しく

「芸人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ