カンヌ映画祭ある視点部門審査員賞受賞、ミシェル・フランコ監督の新作が6月公開

4月2日(月)12時0分 映画ランドNEWS

『父の秘密』『或る終焉』などで知られるミシェル・フランコ監督の新作が『母という名の女』の邦題で6月に公開されることがわかった。


母という名の女
(左から)ミシェル・フランコ監督、エマ・スアレス

第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した本作は、闇を覗き込んだ母娘の緊張感あふれる関係にメスを入れ、母、あるいは家族という幻想を吹き飛ばす、『父の秘密』『或る終焉』などで知られるミシェル・フランコ監督の新作。主演を『ジュリエッタ』のエマ・スアレスが務める。


母という名の女


あらすじ




メキシコのリゾートエリア、バジャルタの海辺に建つ瀟洒な別荘。そこに二人きりで住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しき母アブリルが戻ってくる。17歳の妹ヴァレリアは同じ年の少年との間に子供を身ごもっており、突然舞い戻ったアブリルは献身的に娘の面倒をみるのだが、ヴァレリアの出産をきっかけに、自身の陰のある深い欲望を忠実に遂行していく・・・。母にいったい何が起きたのか?彼女はいったい誰なのか?


映画『母という名の女』は6月にユーロスペースほか全国順次公開


(C)Lucía Films S. de R.L de C.V. 2017


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「新作」をもっと詳しく

「新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ