TVアニメ『真夜中のオカルト公務員』、第1話のあらすじ&先行カットを公開

4月1日(月)23時41分 マイナビニュース

2019年4月7日(日)からTOKYO MXほかにて放送開始が予定されているTVアニメ『真夜中のオカルト公務員』より、第1話「新宿上空の天狗と天使」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『真夜中のオカルト公務員』、第1話のあらすじ&場面カット

■第1話「新宿上空の天狗と天使」
春から新宿区役所「夜間地域交流課」に配属された宮古新。課の先輩となるのは、怪しげな実験に興じる姫塚セオと、元ホストで業務リーダーの榊京一。そして、今夜の現場という新宿で新が目にしたのは、妖精や天使や天狗といった人ならざる者たち「アナザー」だった。夜間地域交流課のお仕事は、アナザーが関与するオカルト的事象の解決。にらみ合う天使と天狗を見て、榊とセオは縄張り争いの激化を制そうとするが、新にはそんな争いには見えていなくて……。
(脚本:樋口達人、絵コンテ:渡邊哲哉、演出:大石康之、作画監督:江上夏樹/浦島美紀/伊藤依織子)

なお、JR新宿駅東口駅ナカにて『真夜中のオカルト公務員』の特大広告が登場しているので、こちらもチェックしておきたい。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

マイナビニュース

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ