三遊亭王楽、サスペンス映画を思わせる『居残り佐平次』

4月2日(月)7時0分 NEWSポストセブン

三遊亭王楽の魅力を落語通が解説

写真を拡大

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、映像作品になることも多く、あらすじがよく知られている古典落語『居残り佐平次』は、落ち(サゲ)の部分が現代では通じなくなってきたこともあり、落語家の個性が際立つ改変が楽しめる演目でもある。まるでサスペンス映画を思わせる三遊亭王楽の『居残り佐平次』についてお届けする。


 * * *

 三遊亭好楽の長男にして五代目圓楽最後の弟子、三遊亭王楽。2月15日の「三遊亭王楽ひとり会」(東京・内幸町ホール)で聴いた『居残り佐平次』は、なかなか面白い演出で印象に残った。


 冒頭で王楽は、居酒屋で佐平次という男が初対面の3人と意気投合して「1円の割り前で品川へ繰り込もう」と誘う場面を描く。王楽にこの噺を教えたのは三遊亭鳳楽というから六代目圓生の系統だが、圓生をはじめ大抵の演者は友人同士で品川に行く設定で、あとで佐平次が若い衆に言う「知り合ったばかりでどこの人だかわからない」というのは真っ赤な嘘。ところが王楽は本当に知り合ったばかりとして演じた。これは佐平次を「何だかワカラナイ奴」として描いた立川談志に近い。


 佐平次が他の3人に「朝になったら先に帰ってくれ」と告げる場面で「空気のいいところで養生」云々を言わないのも談志と同じだが、王楽の演じる佐平次は「割り前は要らない」と言い切り、「自分は居残る」などと宣言することなく「あとは任せて」とだけ言う。佐平次を「ミステリアスな男」として描こうとする王楽の意図が見える。


 サゲは「あんな奴、表から帰さず裏から帰せばよかった」「いや、あんな奴に裏を返されてみろ、たまったもんじゃない」。このルーツは従来の「おこわにかけられた」「旦那の頭がゴマ塩ですから」に代わって談志が考案した「裏を返されたらあとが怖い」で、友人である五代目圓楽はその変形「裏を返すのは懲りた」でサゲていた。


 だが談志や圓楽は佐平次が去るとすぐに若い衆が「旦那、なんだってあんな奴を表から帰すんですか」と抗議してサゲに至るのに対し、王楽は様子を見に行った若い衆に佐平次が「俺は居残りを商売にする佐平次って者だ」と告げる。通常、この佐平次の捨て台詞が真実かどうかは曖昧、というよりおそらく嘘なのだが、王楽の場合はそれを伝え聞いた主人が「噂には聞いたことがあったが、あいつがそうか!」と合点する。王楽は佐平次を本当に「居残りを商売にする男」にしたのである。


 王楽に話を聞いたところ、エンディングには改善の余地があると彼は言い、たとえば「佐平次が素早く去ったあと、追ってきた若い衆が『いねぇな……あれ?』と瓦版を拾い、居残りを商売にする男の記事を読んで『大変です!』と主人に報告に行く」みたいな流れも考えているのだと教えてくれた。サスペンス映画を思わせる、素晴らしいアイディアだ。ぜひその型で演ってみてほしい。


●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。


※週刊ポスト2018年4月13日号

NEWSポストセブン

「サスペンス」をもっと詳しく

「サスペンス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ