篠田麻里子を目指したのにバラエティ枠に? 台湾で活躍するAKB48 TeamTP・阿部マリアを直撃!

4月2日(火)17時0分 週プレNEWS

2018年12月にデビューシングルが発売。本格的に動きだしたAKB48 TeamTPの阿部マリア
2018年12月にデビューシングルが発売。本格的に動きだしたAKB48 TeamTPの阿部マリア

AKB48の姉妹グループで、台湾の台北(タイペイ)を拠点に活動するAKB48 Team TP。そこで活躍している日本人メンバーが、元AKBチームKの阿部マリアだ。

移籍を発表して1年半、どんな思いで活動をしているのか? 来日した彼女に話を聞いた。

***

——まずTeam TPってどんな活動をしているんですか?

阿部 48グループといえば劇場公演が基本ですが、まだ劇場がなくてレッスンの毎日です。私もお仕事のない時はレッスンに参加しています。

メンバーは今、33人いて、12月にシングルデビューしたのですが、選抜メンバーは12人(日本では16人が多い)。でも向こうのメディアは大所帯のグループに慣れてなくて、テレビに出る時は6人とか2人なんです。台湾でのスタッフのみなさんもAKB48のことをあまり知らないので、私がこんなグループですって説明をしています。

——プレイングマネージャーみたいな役割をしている、と。

阿部 この前、生配信をしたんですけど、ファンのみなさんから「HKTの指原さんみたい」ってコメントが多くて。そう思われているのかって驚きました。

——指原さんはHKT48のメンバーだけど、劇場支配人もやってますもんね。でも阿部さんって、日本にいる時はそんなにしっかりしたキャラじゃなかったような(笑)。

阿部 そうなんですよ! でも他に詳しい人がいないから頑張っています。

——メンバーからはどんな感じで見られているんですか?

阿部 ちょっと変な人。そこは言葉の壁があるときからバレていて(笑)。

——それは日本の頃と変わらない! Team TPのファンはどんな人たち?

阿部 熱心でどこにでも来てくれます。台湾は自由に写真を撮って良いところも多いんですよ。イベントやライブではすごい本格的なカメラで撮るんです。

——一般の人からはどんな目で見られているんですか?

阿部 もともと台湾の人は日本人が大好きと聞いていて、自分で言うのも恥ずかしいんですけど、服屋さんでも「キレイですね。インスタやってますか?」って聞かれたりします。そこで私は、「Team TPを知ってますか?」って言って、名前を広めています。

——中国語はどうやって覚えたんですか?

阿部 1日2時間ぐらい、塾に通いました。でも先生が日本語を話せないんですよ! だから英語で教えるんですけど、そもそも私、英語ができないし。

——ダメじゃないですか!

阿部 でも日常会話と書くぐらいはできようになりました。発音はまだ難しくて、バラエティ番組ではそこが面白くて呼ばれたり。

——ボビー・オロゴンみたいな。

阿部 ですね。でもそこはローラさんがいいです! クイズとかでもおバカ回答を期待されます。まあ日本でもバラエティ経験はあるから、そこは黙らずに何か答えようって思ってます。年長メンバーとして篠田麻里子さんみたいになりたかったのに、なぜかバラエティ枠になっちゃいました......。

——似たような境遇で、AKB48出身で海外グループのJKT48に移籍して、今やインドネシアのスターになった仲川遥香さんに相談することはありますか?

阿部 最初は不安すぎて聞いていたんですけど、「マリアは遥香と一緒で何も考えなくて大丈夫」ってアバウトなアドバイスしかもらえなくて、なんでーって(笑)。

——どこでも対応できるタイプに見られてる。

阿部 でも台湾にお仕事で来たときは「会おう」って、時間を作って会いに来てくれたり、たまに「大丈夫?」って連絡してくれたり、支えではありますね。

——Team TPとしてデビューして半年ほどたちます。いかがですか?

阿部 握手会をやったんですけど、日本では私のところへ来るのはおじさんばかりだったのが、台湾では女のコもたくさん来てくれるようになりました。学生のコとかが握手券を1枚だけ持って来てくれるんです。うれしいですね。AKBでは握手会が当たり前だったんですけど、昨年の12月にCDを出して、握手会でやっとファンとコミュニケーションができるようになって、メンバーもアイドルになったことを実感したみたいです。

——AKBの立ち上げのときみたいですね。

阿部 私は9年間、AKBで活動をしてきたけど、ファーストシングルに参加するのは初めてだからうれしかったですね。昔は篠田さんにすごくお世話になったり、直接の恩返しはできてないけど、Team TPを頑張ることがAKBに対しての恩返しなのかなって思いながらやってます。......いい話しちゃいましたね。恥ずかしい(笑)。

——この先の目標はありますか?

阿部 台北で日本人タレントは、ガッキー(新垣結衣)さんが有名なんですけど、私もいつか広告に出たり、台湾で一番愛されるタレントになりたいです。Team TPとしては台北でいちばん大きな台北アリーナで単独でやるのが目標です。

阿部マリア
1995年11月29日生まれの23歳。2010年に14歳でAKB48に加入。
2017年、AKB48の活動を終了し台湾へ。現在はAKB48TeamTPのメンバーとして活動中。ニックネームはアベサン。今春、配信限定のセカントシングルが発売決定! 最新情報は公式ツイッター【@abemaruchan】をチェック

取材・文・撮影/関根弘康

週プレNEWS

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ