戦艦三笠に乗艦しバルチック艦隊に挑む「VR日本海海戦」が発表 敵前大回頭「東郷ターン」を追体験

4月3日(月)17時58分 BIGLOBEニュース編集部

バーチャルリアリティ日本海海戦

写真を拡大

三笠保存会と神田技研は、バーチャルリアリティを使った展示作品「バーチャルリアリティ日本海海戦」(VR日本海海戦)の開発を発表した。神奈川県横須賀市の「記念艦三笠」で今年のゴールデンウィークから公開する。


「VR日本海海戦」では、プレイヤーは日露戦争で連合艦隊旗艦を務めた戦艦三笠に乗艦。司令長官・東郷平八郎や参謀・秋山真之と同じ視点で、ロシアのバルチック艦隊と雌雄を決する戦いに挑み、「東郷ターン」として有名な敵前大回頭も追体験することができる。


「VR日本海海戦」のプロデュース・歴史監修は三笠保存会が担当。神田技研が「VR戦艦大和」で培った技術を用い、明治時代にタイムスリップしたかのような世界を再現する。神田技研は、日本海海戦の経緯や明治日本人の敢闘を体験的に理解できる作品を目指すとしている。


戦艦三笠

VR日本海海戦


戦艦三笠艦橋

VR日本海海戦


東郷平八郎

VR日本海海戦


※画像は開発中のもの

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「日本海」をもっと詳しく

「日本海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ