平祐奈、初対面でも「人の心に土足で踏み込める」 自身の“特殊能力”聞かれ満面の笑み 映画「サクラダリセット 前編」初日舞台あいさつ2

4月3日(月)11時47分 MAiDiGiTV


 女優の平祐奈さんが3月25日、東京都内で行われた映画「サクラダリセット 前編」(深川栄洋監督)の初日舞台あいさつに登場した。特殊能力者の集まった街を舞台にした同作にちなみ、「自分が持っている特殊能力」と聞かれると「初対面でも、(人の)心の中に土足で踏み込んでいって話すことができる」と満面の笑みを見せた。

 この日の舞台あいさつには、ダブル主演した野村周平さんと黒島結菜さんや、出演する健太郎さん、玉城ティナさん、恒松祐里さん、深川監督も出席した。

 野村さんは、同じ質問に「仲よくなれる人と近づいちゃいけない人を見分けることができます。いざこざに巻き込まれない」とにっこり。すると健太郎さんは、映画の撮影中に、野村さんから「よい意味でも悪い意味でも、いろいろといじってくれたり、いじめられた」といい、野村さんに「あなたがいざこざを起こして、巻き込んで、その場から去っているだけだ」と突っ込んでいた。

 「サクラダリセット」は河野裕さんの同名のライトノベルが原作。物語は能力者の集まった街「咲良田(さくらだ)」を舞台に、見たことを完全に記憶する能力を持つ少年・浅井ケイ(野村さん)と、世界を3日間巻き戻せる「リセット」の能力を持つ少女・春埼美空(はるき・みそら、黒島さん)が、かつて能力が原因で亡くなった少女・相麻菫(そうま・すみれ、平さん)を取り戻すために力を合わせる青春ストーリー。実写映画は2部作で製作され、後編は5月13日公開。

MAiDiGiTV

舞台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ