『けものフレンズ2』最終回アンケ「良くなかった」が9割 「悪意に満ちていた」という声も

4月3日(水)16時50分 おたぽる

けものフレンズプロジェクトより

写真を拡大

 4月1日に最終回を迎えたTVアニメ『けものフレンズ2』(テレビ東京系)が大炎上している。1月の放送開始から『けもフレ2』はたびたび燃えてはいたが、今回の炎上具合は類を見ないものとなっている。


 2日放送のニコニコ生放送のアンケートでは「とても良かった」が2.6%にとどまり、それまでワースト1位だった『遊戯王ARC-V』の記録(2.8%)を抜き去ってしまった。しかも、最低評価である「良くなかった」についても95.3%というワースト1位の数字。


 もちろんアンチの投票も含まれていると考えられるが、それを考慮した上でも悲惨な結果である。


 伏線を張っておいて何も回収をしないなど、最終回に対するツッコミの声は多数上がっているが、その中で目に付くのは「悪意に満ちていた」「1期をとにかく潰したいという悪意を感じる」という、制作側の“悪意”を指摘する声。第1期の成功があったらからこそだが、ここまでネットが怨嗟の声まみれになるとは。


 アニメ本編だけでなく、テレビ東京の細谷伸之プロデューサーもTwitterで「僕たちは僕たちのけものフレンズ2を作りました」「テメー!って知らない人に平気で言えちゃう人が一期のあの世界が好きな人達なんですね。なるほど」といったツイートをするなどして炎上中。


「平成最後のクソアニメ」扱いもされている『けもフレ2』。IQをガンガン下げまくって「すっごーい!」と言い合っていた頃には戻れないのだろうか。

おたぽる

「けものフレンズ」をもっと詳しく

「けものフレンズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ