愛子さまがスキー上級コースで見事なパラレルターン決める

4月3日(日)16時0分 NEWSポストセブン

スキーは上級者並の実力という愛子さま

写真を拡大

 長野県北西部、国内最大級のスノーエリアである志賀高原の最奥に位置するそのスキー場は、ファミリー向けの初心者コースから、全長3kmにおよぶダウンヒルを誇る上級者コースまで多彩なゲレンデが揃う。


 3月22日から4泊5日の日程で、皇太子ご一家はこの地でスキーを楽しまれた。


「愛子さまは、上級者向けのエキスパートコースを、インストラクターに続いて颯爽と滑走されていました。スピードに乗った状態でも板を揃えて“パラレルターン”を見事に決められるなど、そのお姿は見惚れてしまうほどで、他のスキー客もざわついていましたよ」(居合わせたスキー客)


 ご一家のこの時期のスキーは恒例行事。皇太子さまは幼少から両陛下とゲレンデに足を運ばれ、イギリス留学中にはルクセンブルクやリヒテンシュタインの王族と「スキー外交」をされたほどだ。


 一方の雅子さまも、父・小和田恒さんの赴任に伴い、旧ソ連やスイスで過ごした幼少からスキーに親しまれ、ご婚約の際のプロフィールにも、好きなスポーツとしてスキーを挙げられている。


「おふたりとも、インストラクターになれるほどの実力の持ち主です。そんなご夫妻の間で、愛子さまは3才のときに初めてゲレンデの雪を踏まれました。その後、学校のスキー合宿など、多いシーズンには3度雪山に向かわれたこともあったほどで、めきめき上達されました。今回も皆さま相当楽しまれたようです」(皇室記者)


 ご一家は長野入りされた翌23日の午前10時半頃、宿泊先のホテルからゲレンデに姿を見せられた。皇太子さまはホワイト、雅子さまはブルー、愛子さまはレッドのスキーウエアに身を包まれていた。


 ヘルメットをかぶり、ゴーグルを装着されているため顔のすべては見えないが、口元には笑みがこぼれる。


「いざ板を装着すると、ご夫妻と愛子さまは別々のグループになり、それぞれスキーを楽しまれていました。おふたりで寄り添ってペアリフトに乗ったご夫妻はにこやかに談笑されていて、リラックスしたご様子が伝わってきましたね」(前出・居合わせたスキー客)


 頂上に到着されると、林間コースを選ばれたご夫妻は、インストラクターを先頭に皇太子さま、雅子さまの順でフォームをチェックしながら、リズミカルに弧を描かれていた。


「夕方、ゲレンデの終了時刻が近づくと、ご一家は少し急がれるように最終のリフトに乗り込まれていました。時間いっぱいまで滑りたいというお気持ちの表れだったのだと思います。


 滞在中には、愛子さまはブルーのウエアに“お色直し”もされていました。ゲレンデファッションはスキーヤーにとって重要なポイントですが、愛子さまはそういった面も楽しまれていたようですね」(別のスキー客)


撮影■雑誌協会代表取材


※女性セブン2016年4月14日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

スキーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ