デビルマンやガッチャマンが武人画に キャラクターで日本の美や匠の技を発信する「ウルトラJ」スタート

4月4日(水)11時0分 BIGLOBEニュース編集部

(c)石森プロ (c)川内康範/宣弘社 (c)タツノコプロ (c)円谷プロ (c)永井豪/ダイナミック企画

写真を拡大

ポニーキャニオンは、キャラクターで日本の美や匠の技を世界に発信するプロジェクト「ウルトラJ 〜ULTRA ALLIANCE JAPAN〜」を4月4日にスタート。第一弾として、ウルトラマンなど日本を代表する6キャラクターの武人画グッズの予約受付を開始した。


「ウルトラJ」は、石森プロ、宣弘社、ダイナミック企画、タツノコプロ、円谷プロダクション、手塚プロダクション、ノース・スターズ・ピクチャーズのライセンサー7社の協力により、ウルトラマンやガッチャマンといった日本を代表するレジェンドキャラクターが参戦。「キャラクター×JAPAN」をテーマに伝統工芸品などとのコラボグッズや地方イベントの開催などの取り組みを実施する。


プロジェクト第1弾には、ウルトラマン、ガッチャマン、キューティーハニー、月光仮面、サイボーグ009、デビルマンの6キャラクターが集結。各キャラクターの勇ましい姿をこうじょう雅之氏が武人画として表現し、「武人版画」「ファブリックボード」「Tシャツ」として販売する。日本古来から描き続けられている武者絵と、長年愛され続けるキャラクターたちがコラボした、「ウルトラJ」ならではのグッズとなっている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ウルトラマン」をもっと詳しく

「ウルトラマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ