井上真央、大河ドラマ『花燃ゆ』の大失敗で潰される? 「戦犯扱い」は避けられないとの指摘

4月5日(日)22時0分 メンズサイゾー

 井上真央(28)主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』が大ピンチに陥っている。


 いきなり初回で視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大河史上最低レベルでスタートし、10話までの平均視聴率が13.7%。その後も11話が14.0%、12話が13.2%、先月29日放送の13話が11.7%と低水準で推移。


 大河ワーストで大コケと騒がれた2012年の『平清盛』が最低視聴率7.3%(第45話)を記録したのは8月。すでに3月末の段階で11%台にまで落ち込んでいる『花燃ゆ』の一ケタ突入は避けられないといわれており、最低視聴率を更新してしまうとの見方も強い。


 あまりの体たらくに一部スポーツ紙で「打ち切り論」をぶたれているほどの惨状だ。


「ただでさえ幕末モノは視聴率が取れない定説があるのに、主人公は吉田松陰の妹という無名の人物。しかも2013年の『八重の桜』に続く少女漫画チックな脚本と演出ですから、従来の大河ファンはガッカリです。伊勢谷友介(38)、東出昌大(27)、高良健吾(27)といったイケメン俳優をそろえて女性層の取り込みを狙ってはいますが、いくら役者の顔が良かろうとストーリーに興味が持てなければ視聴者はソッポを向いてしまう。『外れる要素を詰め込んだ』といっても過言ではない」(テレビ誌ライター)


 本来なら大河の主役は、役者であれば誰もが手にしたい大役。だが、この大失敗ムードによって主人公・文を演じる井上の価値にも深刻な影響が出そうな気配だ。


「近年は大河ドラマが外れることが増えましたが、それによって『低視聴率俳優』『低視聴率女優』といったレッテルを貼られてしまうことがある。その最たる例は『平清盛』の主演だった松山ケンイチ(30)。かつては『セクシーボイスアンドロボ』『銭ゲバ』(共に日本テレビ系)と連ドラ主演が続いていたのに、大河出演後は現在に至るまで地上波の連ドラ出演が途絶えている。このままいけば、順風満帆だった井上の女優としての看板にも傷がつく恐れがある」(前同)


 大河ドラマに限らず、作品が当たるかどうかは企画のテーマや脚本・演出によるところが大きい。もし違った題材で井上が主演していたら全く異なる結果が出ていたかもしれない。だが作品が失敗すると、どうしても分かりやすい「戦犯」に主演が祭り上げられてしまう傾向があるようだ。


 ほかの仕事を減らして拘束時間の長い大河に打ち込んだのに、戦犯扱いされれば精神的なダメージも大きい。大河の失敗で「役者が潰れてしまう」ということもあり得る。


「すでにNHK局内には諦めムードが漂っており、来年の大河ドラマ『真田丸』に期待が移っている。同作は当たりやすい戦国時代が舞台で主人公は著名な真田幸村。幸村役の堺雅人(41)をはじめ、演技の光る技巧派キャストが集結する予定です。『花燃ゆ』については一部の局幹部から『大恥をかく前に放送期間を短縮できないか』との声が上がっており、本当に打ち切りもありえる雰囲気。放送開始直後は井上をベタ褒めしていた上層部も知らん顔になっており、彼女が戦犯にされてしまう可能性が濃厚になっています」(芸能関係者)


 この先、視聴率が劇的に回復するのは難しいだろう。主人公の兄・吉田松陰や最初の夫・久坂玄端といった幕末のスターが物語から退場する今後、視聴者の興味が更に離れてしまうことも考えられる。


 もはや「負け戦」は確定的だが、これは前述のように企画や脚本に難があったのは間違いない。井上が戦犯にされて潰されるようなことにならなければいいが...。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「戦犯」をもっと詳しく

「戦犯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ