『マインクラフト』で魔法世界を再現した『ハリー・ポッター』マップが完成。「トロール」「死喰い人」との戦闘や探索要素を見られるトレイラーも公開

4月6日(月)17時21分 電ファミニコゲーマー

 The Floo Networkは4月6日(月)、『ハリー・ポッター』シリーズの魔法世界をサンドボックスゲーム『Minecraft』で再現したマップデータ「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry」が完成したことを海外フォーラムサイトのPlanet Minecraft上にて発表した。

 今回の発表にともない、The Floo Networkの公式YouTubeチャンネルではダウンロードトレイラーが公開された。

(画像はYouTube「Witchcraft and Wizardry – Download Trailer」より)

 「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry」では、『ハリー・ポッター』シリーズのおもな舞台である「ホグワーツ魔法魔術学校」などの施設が忠実に再現されているほか、魔法使いのスポーツ「クィディッチ」や魔法薬づくりなどのレクリエーションも搭載。魔法を使って仕掛けを解き、敵と戦うRPGの要素も含まれており、原作を知らない人でもゲームとして楽しめる。

 新たに公開された映像では、実際に世界を歩き回る様子や呪文を使う様子を確認できるほか、魔法を使った探索や戦闘の数々がお披露目されている。なかには第1巻『賢者の石』に登場したトロールや、第5巻『不死鳥の騎士団』に登場する闇の魔法使い「死喰い人(デスイーター)」との闘いなど、原作を意識したシーンも含まれている。

(画像はYouTube「Witchcraft and Wizardry – Download Trailer」より)
(画像はYouTube「Witchcraft and Wizardry – Download Trailer」より)

 なお、今回公開されたバージョンは「1.13.2」で正式版にあたるが統合版(Bedrock Edition)には適用できず、Java版のみで利用可能だ。本マップデータは無料でダウンロードおよびプレイが可能だが、ダウンロード時に価格を設定してThe Floo Networkの制作活動に対する寄付を行うこともできる。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「マインクラフト」をもっと詳しく

「マインクラフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ