クロちゃん、親からの仕送り総額6000万円 オードリー若林も「クズ〜」

4月6日(土)17時0分 クランクイン!

※「クロちゃん(安田大サーカス」ツイッター

写真を拡大

 お笑いトリオ・安田大サーカスクロちゃんが1日、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系/毎週月曜24時20分)に出演し、現在も母親から仕送りをもらっているなど、周囲に甘えて生活してきたことを明かし、共演者をドン引きさせた。 同番組は、過去に“しくじった”ことがある人物が先生として登壇し、同じ失敗をする人を増やさないよう授業をする反面教師バラエティー。2014年10月から放送を開始し、2017年秋にレギュラー放送が終了。同日より同局深夜枠のレギュラー番組として復活した。

 そんな記念すべき第1回目に「努力せずに甘い汁ばかりを吸ってきちゃった先生」として登場したクロちゃんは、序盤から“クズエピソード”を次々に披露。20歳から42歳になる現在まで母親から仕送りをもらっていたことを明かし、その総額はなんと約6000万円にのぼるという。

 「子どもに手がかからなくなると亡くなる人とか、体を悪くする人も多いから、(母親からの仕送りは)親孝行だと思っている」と悪びれる様子がないクロちゃん。乃木坂46高山一実が「こんな息子、産みたくない」と苦言を呈したが、クロちゃんは「こっちだって産んでくれって言ってないからね」とまさかの反論があり、これにはオードリーの若林正恭も「うわ〜クズ〜」とあきれていた。そのほか、妹の結婚式当日に「私ができるのはこれで最後だから」と妹から50万円を渡されたエピソードを披露し、「勝手に妹が僕によこした」と話すクロちゃんのクズっぷりに共演者らはドン引きだった。

 大学受験の話では「どこを受けたんですか?」という問いに「広島大学とか…」と地元の国立大学を答えたクロちゃんだったが、テロップには「広島大学受けたはうそ」の文字が。さらに、「今日を迎えるまでに打ち合わせを10回やりました」と話していたが、実は4回しか行っていなかったことが判明。うそをつき続けた挙句、進行もグダグダになり「前の深夜時代でもこんな回なかったぞ」と若林の怒号が飛んでいた。

 そんなクロちゃんは最後に、「せめて自分のことは他人事にするな」という相方・団長から学んだ教訓を紹介し、「僕みたいにしくじらないように他人事にせず、そこを気をつければこれからも楽しく過ごせると思います。他人事は甘汁モンスターの始まりということだけ覚えて帰ってください」と締めくくった。

クランクイン!

「クロちゃん」をもっと詳しく

「クロちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ