工藤静香が“たくあんゼリー”を披露!? 渾身の手作りスイーツに仰天

4月6日(土)7時31分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



歌手の工藤静香が4月1日に自身のインスタグラムを更新。ネット上では「ゼリーがたくあんにしか見えない!」と、見たこともないような斬新な創作物に大盛り上がりをみせた。


【関連】工藤静香の“途中まで完璧”な料理に「なぜ台無しにするの!」とツッコミ ほか


工藤は、手作り柑橘系ゼリーに桜の花を添えた写真とともに、



《さまざまな爽やかな柑橘を寄せ集めて作りました。柑橘をたっぷりと入れ過ぎてしまい固さを調整するのが難しい》



と投稿。果実を丸ごと使ったという自信作を、いつもの定番〝謎の木目調の板〟の上に乗せて撮影したようだ。





写真を見たファンからは《柑橘系苦手だけど、しーちゃんのはおいしそう!》《きれいなデザート! 優しい色合いが春らしいですね!》《そのゼリーのレシピ下さい》と、称賛する声が続出。


一方、匿名掲示板では、



《たくあんにしか見えない》

《半熟の厚焼き卵?》

《おいしそうに見えないのはもう暗黙の了解なの?》

《オレンジがかわいそう。種も筋も取ってもらえないなんて…》

《ゼリーを食べて、種があったらプッて口から吐き出すって、スイカかよ!》



など、非難の声を集めた。



ネット民しーちゃんのおかげで審美眼が磨かれる


また、これまで工藤の数々の料理投稿を見てきたネット民たちは、木村家の食器を把握しだした様子。器のチョイスをいつも間違えてしまう工藤に対して、



《この前カリフラワースープに使っていたガラスの器、今こそ出番だよ》

《しーちゃん! ゼリーを平らな板の上に置いたら食べにくいんだよ。分かるかな?》



など、具体的なアドバイスをする者も現れた。





「ちなみに、工藤さんが愛用している〝謎の木目調の板〟は、『オリーブウッド』というものです。同じ商品であっても、木目や形など不ぞろいで1つとして同じ表情のものは存在しません。素材感に武骨さを感じるかもしれませんが、またそこも魅力の1つ。そんな〝オンリーワン〟でありのままの姿で魅力的なところ、私は工藤さんにピッタリだと思います」(キッチン雑貨店店員)


新しい投稿がされるたびにツッコミの声が上がるが、もしかしたら世間の注目を集めたい工藤の策にまんまとハマってしまっているのかもしれない。



まいじつ

「工藤静香」をもっと詳しく

「工藤静香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ