トビー・マグワイア、“5年映画出演なし”理由は…

4月6日(土)0時19分 ナリナリドットコム

トビー・マグワイア(43歳)が引退説を笑い飛ばしている。

サム・ライミ版「スパイダーマン」シリーズのピーター・パーカー役でお馴染みのトビーだが、2014年作「完全なるチェックメイト」以来、5年近く映画出演から遠ざかっている理由について、「出演オファーがなかったからだ」としている。

トビーはザ・ハリウッド・レポーターにこう話している。

「僕が引退したって? 演じる役があれば、出演するよ。その時が来たらすごくワクワクしそうだな。出演オファーが来た時はいつもかな」

また元妻ジェニファー・メイヤーとの間に2人の子供がいるトビーは、暇な時はパズルといったオタクっぽい趣味や、バトミントンやテニス、卓球を基にして考案されたピックルボールなどを楽しんでいるという。

一方でマシュー・プラフと共に2012年に製作会社マテリアル・ピクチャーズを設立し、最近ではアマゾンと1400万ドル(約15億円)の契約を締結したトビーは、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズやマーベル・シネマティック・ユニバースで同じくスパイダーマン役をそれぞれ演じているアンドリュー・ガーフィールドやトム・ホランドについて、「彼らの作品を全部観たわけじゃないけれど、見た限りでは、僕は嬉しく思えたよ。2人とも大好きな俳優だから」「どちらもとても才能に恵まれていると思う」「2人のことを認めていて、両方の役者とも気に入っていて、どちらのスパイダーマンも好きだとだけ言っておこうかな」と続けた。

そんなトビーは、今後スパイダーマン以外のスーパーヒーロー役を演じる気も十分にあると語っている。

ナリナリドットコム

「トビー・マグワイア」をもっと詳しく

「トビー・マグワイア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ