aiko、つんくから“太陽とシスコムーン”に誘われていた! 「つんくの人を見る眼はすごい」の声

4月7日(土)7時0分 耳マン

aikoが太陽とシスコムーンに!?

歌手のaikoが3月30日のライブ『任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』で、つんくプロデュースのアイドルグループ・太陽とシスコムーンに誘われていたという衝撃の事実を明かした。

太陽とシスコムーンファーストアルバム『Taiyo & Ciscomoon 1』(1999年)

太陽とシスコムーンは、1999年に芸能活動経験のある女性を対象にしたオーディションで結成されたアイドルグループ。当時のaikoはまだメジャーデビュー前で、ラジオDJとして活動していた。そんな折、つんくから「お前って、デビューとか決まってんのか?」と電話がかかってきたのだという。つんくは、aikoがインディーズで出していたCDを聴いて興味を持ったそうだ。

aikoにアドバイスをくれたのはつんく♂だけだった

松任谷由実は、「何かを察知したんだね。きっと、つんくさんは」とつんくの先見の明に感心。aikoは、「いや〜だったら嬉しいですね。(中略)でも、デビューする前に曲のことをああした方が良い、こうした方が良いって言ってくれたのはつんくさんだけだったんですよ」とつんくとの意外なエピソードを披露した。

ネット上では、「太陽とシスコムーンのaikoも見てみたかったかも」「激しく踊るaikoは想像できない」「入ってたらどうなってたんだろ」「実際、つんくの人を見る眼はすごい」などさまざまな意見が飛び交った。

[HEW]

耳マン

「つんく」をもっと詳しく

「つんく」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ