ウーマン村本、独演会の開催を告知も「クソ高い」「時間の無駄」と酷評

4月8日(月)18時0分 アサ芸Biz

ウーマン村本

写真を拡大

 お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワー村本大輔が“エレガントなトークショー”を開催することを発表。ところが、反応は芳しくないようで…。

 4月5日のインスタグラムとツイッターで村本は「5月5日銀座で独演会開催。タイトルは『ウーマンラッシュアワー村本のダーティーでエレガントなトークショーをラグジュアリーな雰囲気で聴く大人の夜〜Make Comedy Great Again〜』」と告知し、ブルーのスーツ姿の画像をアップした。

「場所は東京・銀座の『BENOA銀座』で開演時間は19〜20時。気になる料金は前売りで5000円(2ドリンク付き)で、限定120席。しかも、スマートカジュアルというドレスコードもありました。過激な発言で、ファッションもイタめな印象がある村本だけに、少々違和感を覚える独演会ですね」(芸能記者)

 案の定、SNSの反応は厳しく、「1時間5000円、クソ高いわ。金と時間の無駄」「高い。そんなのに金払うならアイドルと寿司食いに行くわ」など、アンチの拒絶反応は凄まじい。

「中には、会場の使用料を調べて“ペイできるのか”というコメントもありましたね。会場のHPを見てみると、シンプルなレンタルプランを選んだとすると、村本の独演会が行われれる日曜日の夜の料金は4時間パックで25万円(税込み)。料金は1人5000円ですから単純計算で、50人は集客しなければいけません。そのうえ、1人2杯もつくドリンク代がレンタル料金以外にかかるとしたら、かなり集客がないとペイするのは難しいと思われます」(前出・芸能記者)

 大人になるということは、つらいことでもあるようだ。

(石田英明)

アサ芸Biz

「トークショー」をもっと詳しく

「トークショー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ