宮藤官九郎&寺島しのぶら出演!『幼な子われらに生まれ』全キャスト発表

4月8日(土)8時0分 シネマカフェ

浅野忠信&田中麗奈&宮藤官九郎&寺島しのぶ

写真を拡大

浅野忠信と田中麗奈を迎え、直木賞作家・重松清の傑作原作を映画化する『幼な子われらに生まれ』が、8月26日(土)より全国にて公開される。この度、本作に宮藤官九郎、寺島しのぶらの出演が決定し、全キャストが発表された。

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。2度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の2人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言い始める。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定。

長女との関係、そしていまの家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。いまの家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが——。

本作は44歳の信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれくる命をめぐって、“不器用な大人たち”が成長していくヒューマンドラマ。原作は、重松氏の同名小説で、夫婦別姓や同性婚など、家族のあり方を問うと同時に、つぎはぎだらけのパッチワークのような家族の中で成長していく大人たちを、リアリティあふれるタッチで、かつ優しく見守るように描いた作品だ。

『共喰い』『さよなら歌舞伎町』の荒井晴彦が脚本を、『しあわせのパン』『繕い裁つ人』の三島有紀子が監督を務める本作。すでにキャストには、バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信役を浅野さん、2度目の妻・奈苗役を田中さんが決定しているが、今回新たに奈苗の前夫・沢田役に宮藤さん、信の前妻・友佳役に寺島さんが決定。そのほか、水澤伸吾、池田成志、鎌田らい樹、新井美羽も出演する。

宮藤さん演じる沢田は、子どもが生まれると家庭を顧みなくなるDV夫。別れてから、実の娘である長女・薫が会いたいと言っていることを知っても、信に対して会いたくないという態度をとる役どころ。とにかくイヤな奴に徹しようと思ったと言う宮藤さんだが、「いちばん大変だったのは、大ファンである田中麗奈さんを殴る蹴る罵倒する一連の回想シーンです」と話し、「正直覚えてないです。辛すぎて記憶を抹消したんだと思います。浅野さんから金をせびるシーンは堕落していく快感があり、とても楽しかったです」とコメント。

また、寺島さんが演じる友佳は、大学の助教授として勤め、信と結婚してからも仕事を続けるキャリア志向で自立しているが、家庭に入ってほしいと願う信との間に子どもを作ることを躊躇。一人娘が生まれた後、信とは別れ娘を連れて渡米し、大学教授と結婚。だが、実は後悔だらけの人生を送っているという。「三島監督と浅野さんと作り上げていくことが楽しかったです」と話す寺島さんは、「友佳との関係性があまり描かれていなかったところを、こういう関係だったのではないかと想像しながら演じることが楽しかったです」とふり返った。

『幼な子われらに生まれ』は8月26日(土)よりテアトル新宿、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宮藤官九郎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ