次世代機「PS5」のワイヤレスコントローラー外観が初公開。従来の機能を踏襲しつつSHAREボタンをCreateボタンに変更。マイクを搭載してヘッドセット無しにボイスチャットが可能に

4月8日(水)5時4分 電ファミニコゲーマー

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2020年後半に発売予定のPlayStation 5の公開に先駆け、新型ワイヤレスコントローラー「DualSense」発表した。「DUALSHOCK」から名前が変更され、単色が基本だったコントローラーの配色は2色となり、これまでのコントローラーとは異なる印象を受けるデザインとなっている。

 以前の発表でPlayStation 5の新型コントローラーには、車が泥道を走るずっしりとした感触など表現するハプティック技術を採用した振動機能と、L2R2ボタンに弓矢を引き絞るような緊張感ある抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用したことが明かされていた

 今回の発表ではDUALSHOCK4に搭載された「SHAREボタン」が「Create」ボタンへと置き換えられたことが新たに判明。名称の変更は、ユーザーが自身のゲームプレイを元にコンテンツを作り、仲間内や世界に向けて発表できる新しい手法を提示することが理由だという。
 なおPlayStation 5のユーザー制作コンテンツの新機能に関しては、ゲームのシーン情報などをメタデータとして保存する「シーンのタグ付け」に関連する特許の出願が確認され、単純にスクリーンショットや動画を撮るだけではないことが予想されている。

 また、コントローラーには新たにマイクが搭載される。ヘッドセットも従来通り使用できるが、コントローラー単体でもボイスチャットを楽しめるようになる。
 DUALSHOCK4ではコントローラー前面に配置されていたライトバーは、DualSenseではコントローラー中央のタッチパッドの両脇に配置。より見やすい場所へと移動している。単色が基本だったコントローラーが2色となったのは、ライトバーの見やすさを重視してのことだという。

 PlayStation 5の新機能を予感させる新型コントローラーDualSense。はたしてこのコントローラーを介して、どのような楽しみを生んでくれるだろうか。今後の発表に期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「PS5」をもっと詳しく

「PS5」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ