“容疑者”佐藤健を、“刑事”阿部寛が追い詰める 本編映像初解禁

4月8日(木)8時0分 オリコン

映画『護られなかった者たちへ』(10月1日公開)第2弾ポスタービジュアル (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

写真を拡大

 「このミステリーがすごい」受賞作家・中山七里の傑作小説を、殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根役に佐藤健、彼を追う刑事・笘篠役に阿部寛を配し、瀬々敬久監督(『64-ロクヨン-前編/後編』)が映画化した『護られなかった者たちへ』の公開日が10月1日(金)に決定。特報と第2弾ポスタービジュアルが解禁された。

 本作では、全身を縛られたまま“餓死”させられるという、異様な手口の連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの利根(佐藤)という男。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めるが、決定的な証拠がつかめないまま第三の事件が起きようとしていた。なぜ、被害者はこのような無残な殺され方をしたのか? 利根の過去に何があったのか? さまざまな想いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく。

 本編映像初解禁となる特報では、佐藤健が泥水に顔を押し付けられながら「ふざけんな!」と叫ぶ衝撃的なシーンから始まり、逃走する“容疑者”佐藤と、それを追う“刑事”阿部寛の緊迫感に満ちた追走劇と、その鬼気迫る演技のぶつかり合いが描かれる。

 また、第一の事件の被害者、仙台市若葉区福祉保健センター課長・三雲(永山瑛太)の胸ぐらを掴み激しく怒りをぶつける利根(佐藤)の姿など、印象的な場面がたたみかけるように続き、「10年前に秘められた真相とは——」のテロップとともに利根の笑顔も垣間見え、彼の秘められた過去にも興味をかき立てられる内容となっている。

 そして後半には、清原果耶倍賞美津子吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人らそのほかの登場人物たちがそれぞれに思惑を抱えた表情も。彼らがどう事件に関わってくるのか?  佐藤や阿部が涙を見せる理由とは? ラストの「魂が、泣く。」というコピーからも、心震える感動の人間ドラマへの期待が高まるとともに、事件の裏に隠された真実の行方が気になって仕方ない映像となっている。

オリコン

「容疑者」をもっと詳しく

「容疑者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ