ドミノ・ピザの配達員、強盗犯を捕まえ時間通りにピザを届ける

4月9日(火)16時23分 女性自身

米ニューヨークに新たな“ヒーロー”が誕生した。



ドミノ・ピザの従業員アルー・バシリーさん(21)は先月29日午後6時ころ、アツアツのピザを携えてマンハッタンのウエストアッパーサイドを自転車で走っていた。その時、警察官が1人の男を追いかけている現場に遭遇。CBS2によると、男は「止まれ!」と叫ぶ警官を尻目に、バシリーさんのそばを走り抜けていったという。



バシリーさんは「おまわりさん、僕が捕まえるよ!」と叫んで追跡を開始、男のすぐ後ろまで自転車で近づいてから飛びかかって押さえつけた。男は体をよじって逃げだそうとしたため、バシリーさんは男の上に座って警察官の到着を待ち、その身柄を引き渡した。そしてすぐ本業に戻り、30分のデリバリー期限内にピザを顧客のもとへと無事届けたという。



ニューヨーク市警二十分署のFacebookによると、追いかけられていた男はロヴェル・アンブリスター(17)。捕まる1時間ほど前に仲間5人と共に、女性の髪を引っ張るなどの嫌がらせをし、AirPodを強奪して逃げていた。また、逃走したときに偽造した50ドル札が大量にポケットから落ちたことから、強盗に加え、紙幣偽造の罪にも問われることになった。安価なものを偽札で購入し、おつりをだまし取る手口を使っていたようだ。



ニューヨークのビル・デブラシオ市長はバシリーさんを「ヒーロー」と呼び、「ニューヨーカーにとってドミノ・ピザを食べることを検討する唯一の理由は、バシリーさんがデリバリーを担当していることだ」と発言。



ドミノ・ピザ本部のスポークスパーソンも「地域社会の中で力を発揮した配達人と、彼の行動を心から誇りに思います」とFOXニュースの取材にコメントした。



バスリーさんは2カ月前に西アフリカから渡米したばかりだとか。

女性自身

「ピザ」をもっと詳しく

「ピザ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ