声優・降幡愛、「日本の四季」をテーマにした初の写真集を4/20発売

4月8日(月)23時30分 マイナビニュース

玄光社は、『ラブライブ!サンシャイン!!』の黒澤ルビィ役、そしてAqoursのメンバーとしても活躍する声優・降幡愛の人生初となる写真集『降幡愛写真集 いとしき』を、2019年4月20日(土)に発売する。価格は2,500円(税別)。

本写真集のプロジェクトが持ち上がったのは2018年春。声優として、アイドルとして、そしてアーティストとして、多岐にわたる活動をする降幡愛の魅力を一冊に閉じ込めた、今までにない写真集を作るため、「日本の四季をテーマにすること」そして「春夏秋冬という4つのテーマで、それぞれカメラマン、スタイリスト、ヘアメイクを変えること」の2つが企画された。

「春」は日本のKawaii文化と春のイメージを融合。今回の撮影がカメラマンデビューとなる23歳の鎌田春菜が撮影、衣装は若い女性に人気のデザイナー・西山美耶が降幡のために作成した衣装を着用している。

「夏」は一人の少女が大人の女性へと変わる切なく煌びやかな日本の夏の夜を表現。カメラマンの浅岡省一と降幡は、雑誌フォトテクニックデジタルの連載でもおなじみのタッグとなっている。

「秋」の撮影は女優やハロー!プロジェクトなど数多くの女性タレントの撮影を手がけるグラビアカメラマンの大御所・根本好伸。衣装は降幡がプライベートでも通っている浅草のヴィンテージ着物「shim」のオーナーである阿部雄喜が担当している。

「冬」は降幡の生まれ故郷・長野の早朝、まっさらな雪のなかで撮影。同年代の女性を艶やかに切り取る作品で定評のある山田涼香が撮影。衣装やメイクにこだわった過去3回の撮影に対して、ナチュラルなありのままの降幡を切り取っている。

1年をかけて大切に編まれたこの「いとしき」について降幡は次のようにコメントしている。

「この写真集を作るうえでたくさんの方々にご協力をいただきました。そして今までの人生でもまた多くの人に支えられてきたことに気づくきっかけにもなりました。そんな私を支えてくれた人たちへの感謝の思いが『いとしき』というタイトルにも込められています。小さい頃はおとなしくて、自分の意見もあまり言えなかった私が、こういう仕事に就いて、まさか自分の写真集を出すなんて思ってもいませんでしたが、いま、私はとても幸せです。この写真集を手に取ってくれた人の未来に、少しでも背中を押せたらうれしいです。『いとしき』は、私の写真集というより、私に関わり、支え、応援してくれているみんなの写真集だと思っています」

2019年4月27日(土)には降幡本人がMCを務める冠番組「ふりりんは文化」主催の写真集発売記念イベントが、翌28日(日)にはゲーマーズ、アニメイト主催のイベントが開催予定となっているので、こちらもチェックしておきたい。

マイナビニュース

「写真集」をもっと詳しく

「写真集」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ