「めざましテレビ アクア」がひっそりと終了した理由

4月9日(月)7時0分 まいじつ


(C)Shutterstock



フジテレビの早朝の情報番組『めざましテレビ アクア』が3月末をもって終了した。番組の終了を告げる告知らしきものはほとんどなかった。


めざましテレビ アクアは月曜日から金曜日までの平日午前4時から5時25分まで放送されていた。現在は4時からはBSフジで放送されている『クイズ!脳ベルSHOW』があり、『めざましテレビ』が4時55分から開始する体制に変わっている。


このアクアは、フジテレビの宮澤智アナウンサーがメインMCで、日替わりでフリーアナウンサーの伊藤弘美と曽田麻衣子もMCとして出演していた。


「突然の番組終了は“フリー切り”のためだという噂です。伊藤と曽田は4月からめざましテレビで不定期出演のリポーターなどに格下げされています」(同・編集者)


一方、土曜日の放送されている『めざましどようび』でMCだったフリーアナの長野美郷も、3月をもって降板している。



フリーアナは極力使わない方針に


「これまでフジテレビは、フリーアナでもかわいければ積極的に起用してきました。しかし、業績不振が長く続くなかで、ギャラが発生してしまうフリーアナは切る方針になったのでしょう。その上で、人気がない局アナでもMCに使って安く上げる。これが奏功するかどうか…」(フジテレビ関係者)


加藤綾子がメインMCを務めた番組『スポーツLIFE HERO’S』もわずか3月をもって終了した。加藤ですら例外なく経費削減の対象になったのだ。


「いままで人気が出ず窓際に近い状況に置かれてきた内田嶺衣奈アナ、小澤陽子アナも続々と起用されるようになっています。フリーを含め“アナドル局”と呼ばれたフジテレビの魅力はなくなるでしょう」(同・関係者)


経営不振のスパイラルをまざまざと見せつけられているようだ。



【画像】


(C)Andrey_Popov / Shutterstock


まいじつ

「めざましテレビ」をもっと詳しく

「めざましテレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ