現実世界で「100人のバトルロイヤルゲーム」をやりたい。匿名の大富豪が優勝賞金1450万円のイベント計画、アリーナをデザインするゲーム会社を募集中

4月10日(水)8時27分 電ファミニコゲーマー

 匿名の大富豪が、現実世界で『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のようなバトルロイヤルゲームを開催しようとしている。ジャンルの慣例に従い参加者は100人、最後のひとりとなった優勝者には賞金として1450万円(10万ポンド)が進呈されるという。

(画像は『PUBG』公式Twitterアカウントより)

 このイベントは富豪たちが利用するAmazonこと「HushHush.com」にて発表されており、現在は戦いの場となるアリーナのデザインを手助けするゲームメーカーを募集している。契約金は1日1500ポンド、プロジェクト期間は6週間が想定されており、全体で4万5000ポンド(約650万円)を見込んでいるという。

 もちろんこのイベントは、悪魔のような大富豪がお金のために殺し合う庶民の姿をシャンパン片手に楽しく見学するといった悪趣味なものではない。ゲームに使用されるのはエアガンだ。エアガンを使用するサバイバルゲームでは一般的に弾が当たった場合は自分から申請するが、けっして小さくない額の賞金が掛けられているため、同イベントに参加するプレイヤーは着弾を検出するプロテクターを着用することが想定されている。

 ゲームは1日12時間、合計3日間行われる予定となっている。参加者は日中12時間を戦い、夜間の12時間はキャンプして過ごす。食料やキャンプ用品など、必要なものは全て主催者側が用意する考えのようだ。まだ計画は初期段階で詳しいルールは未定のため、どれだけ現実をゲームに近づけられるかはこれからの企画次第だろう。

(画像はHushHush.comより)
(画像はHushHush.comより)

 匿名の大富豪が所有するプライベートアイランドで、選ばれた100人の一般市民を最後の一人になるまで戦わせる。概要をまとめるとゲームや映画ファンにとって心躍る文字だ。HushHush.comは、イベントに向けプライベートアイランドを購入する際に大富豪と接触し、ゲーム企業を募集してほしいとリクエストを受けたという。創設者アーロン・ハーピン氏は以下のようなコメントを残している。

アーロン・ハーピン 「ここ数年バトルロイヤルゲームは非常に人気が高くなっており、私たちの顧客はゲームを可能な限り安全な方法で実現したいというバトルロイヤルゲームの大ファンです。今年のこのチャンピオンシップが成功した場合、彼は毎年恒例のイベントにしたいと考えています。これは非常にエキサイティングです!あなたがバトルロイヤルをテーマにしたゲームや映画のファンであれば、それは一生に一度の経験であり、かなりの金額を稼ぐための素晴らしい機会になるでしょう。」

 参考までに、HushHush.comで販売されるプライベートアイランドを確認したところ、いくつかの島が約100億円で販売されていた。プライベートジェットが着陸できる滑走路や、フロリダの有名なビーチへヘリコプターで10分といった、庶民には縁遠い物件情報が並んでいる。これらの島が利用されるわけではないが、このオンラインショッピングサイトで島が買えることは間違いないようだ。

 にわかには信じがたいこのバトルロイヤルイベントだが、はたして本当に実現するのだろうか。もし幸運な100人に選ばれたときのことを想定し、パラシュート降下の練習をしながら続報を待ちたい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
古嶋 誉幸
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter:@pornski_eros

電ファミニコゲーマー

「富豪」をもっと詳しく

「富豪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ