渡辺直美、NYから帰国し収録参加! 時差ぼけ発言に共演者「かっこいい」

4月10日(水)20時40分 マイナビニュース

お笑い芸人の渡辺直美が10日、都内で行われたTBS系新バラエティ番組『その他の人に会ってみた』(4月23日スタート、毎週火曜23:56〜24:55)の初回収録にゲストとして参加。収録後に、MCの東野幸治らとともに取材に応じ、ニューヨークでの新生活について語った。

7日に自身のブログで、4月からニューヨーク生活を本格的にスタートさせたことを報告していた渡辺は、新生活について「毎日英語の先生と英語の勉強をして、ジム行ったり、ちょっとヨガに挑戦したり、っていう日々を過ごしています」と説明。東野から「それ日本で無職って言うんちゃう!?」と突っ込まれると、「ちょっとやだ!」と笑い飛ばした。

続けて、東野から「オーディション受けたりこれからやっていくんでしょ?」と聞かれると、「ニューヨークのお仕事は本格的に4月からスタートするものもあれば、挑戦していくものも増えていくと思います。頑張っていこうかなという感じです」と返答。ブログでは、日本とニューヨークを行ったり来たりの生活になると説明していたが、「いま時差ぼけの状態で」と明かすと、共演者から「かっこいい!」という声が上がった。

同番組は、異色の経歴を持つ“その他さん”の人生を掘り下げる人物調査バラエティ。世の中のアンケート調査や統計で「その他」の項目に含まれるような、多数派ではなく少数派を選んだ人を“その他さん”と称してその生き様を追い、MCの東野幸治がゲストとともに見届ける。2回の特番放送が好評を博し、レギュラー化が決定した。

囲み取材には、MCの東野、初回ゲストの渡辺、小林よしひさ、スザンヌ、進行の江藤愛アナが参加した。

マイナビニュース

「渡辺直美」をもっと詳しく

「渡辺直美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ